2016年 07月 13日
Custom Spey Fishing
a0239006_6255342.jpg


カスタム・スペイロッドがあるならば
カスタム・フィッシングスタイルもあってもいいんじゃないのかと
やっぱり僕はついつい思ってしまう。

3本目になるマイザーロッドは初夏のシーズンに使うことを想定してオーダーしてみたが
きっと僕の手もとに届くころは、もしかすると初秋かもしれない。
なにせ僕はのんびりしすぎるところがあるから仕方がないけれどね(笑)

今回のイメージを表現してもらうために、いつものように洋服をモチーフにした
提案ではなくて、ちょっぴり音楽的なことを取り入れてマイザーさんにお願いをしてみた。
色彩とデザインが僕好みのCDジャケットの画像と、ついでにYouTubeのURLを
メールで送信する。きっとマイザー工房では、へんてこりんなアングラーからのオーダーだから
ちょっぴり困惑しているかもしれないね(笑)・・・

PS・マイザーさんからの熱の入った長文のメールが送られてきたけれど、意外とマイザーさんも愉しんでいたりしてね(笑)


[PR]

# by bolocyan | 2016-07-13 19:46 | 釣り道具のお話 | Comments(0)
2016年 07月 06日
ダブルテンプテーション
a0239006_1434422.jpg


およそヒゲナガのシーズンはいつまでかは詳しくは知らないけども
少しだけ期待していた早朝は7月なのにグッと気温が低かったように思えた。

a0239006_14345857.jpg


ナイロンリーダーにフロロ3号を50センチほど結んで、リーダー側にhayabusa(名人の道具箱)
シリーズという、なんとも素敵なネーミングの玉ウキ(4号)を爪楊枝でとめる。
要は、ティペットが本流の豪快な流れに巻き込まれてフライが沈むのを防ぐ目的。
せっかくのダブルハンドルを使ったスペイフィッシングだからフラッタリングも水沫をあげるくらい
ダイナミックに行ってみる。フライの操作は着水後すぐにリトリーブとかターンが終わってからリトリーブとか
縦に横にと、そのへんは自由な気分で楽しんでみる(笑)・・・

スカジットコンパクト フローティング+AKRON ヘビーバット・リーダー02X 10ft、フロロ50cm
                        タイプ4

9.52

a0239006_14352162.jpg


a0239006_1428193.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2016-07-06 21:26 | 釣りのお話 | Comments(0)
2016年 06月 25日
スペイフィッシングによるドライフライの可能性
a0239006_22355878.jpg


そろそろ僕が大好きなヒゲナガを意識したスイングフィッシングのシーズン。
前日に期待を込めてリールにフローティングのスカジットラインにインターのティップをセットした。
きっと、朝靄の時間帯では刺激的な出会いがあるかもと目覚まし時計もセットした。
案の定、僕の計画はお日様くらい高い位置に理想があったのかもしれない(笑)
もう、急ぐことはないのだから庭に実っているイチゴを2つほど頬張って、そのまま車に
乗り込んだ。

a0239006_22361171.jpg


この時期のウエットによるスイングの釣りで、本流の複雑な流れなかでも
今までに何度かフライの着水とともに魚がバイトする光景を見たことがある。
過去に一度だけドライフライを使ったスペイフィッシングにトライしてみたけれど
やっぱり本流の流れに揉まれるとすぐにフライが沈んでしまうし、スポンジ素材のマテリアルで
作ったフライもアンカー打ちを繰り返すとすぐに水分を含んで沈んでしまう。
それっきり僕はドライフライを使ったスペイフィッシングは諦めていたけれど
本流でドライフライを楽しむアングラーのアドバイスではティペットにインジケーターをつけると
本流の豪快な流れでもフライは沈まないし、フライの目印になるから
視覚的にもエキサイティングな釣りが成立するらしい。
ドライフライとインジケーターとの組み合わせの発想は僕にはまったくなかったから
次回は是非試してみたいのだけど
その前にマズメにあわせて起きられるかどうかが僕には問題だったりもするけどね(笑)

スカジットコンパクト フローティング+タイプ4

9.41

a0239006_22362334.jpg


a0239006_22363231.jpg


a0239006_22364161.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2016-06-25 22:35 | 釣りのお話 | Comments(0)