2016年 11月 02日
リクエストの第1から第3セクション
a0239006_20283510.jpg


中山峠の山頂付近は、すっかり冬モードの身震いをしてしまいそうな景色になっていた。
新品のスタットレスタイヤに履き替えた車の持ち主は、ホワイトアスファルトと化した
路面が初めてだったようで僕がハンドルを握ることになる。
車内では彼がチョイスしたであろうBGMが小さな音量で流れていた。
粉雪がとぎどきフロントガラスに落ちてくる光景の中で、ゆったりとしたテンポのレゲエミュージックを聴くのも僕としては好きだったりする。

a0239006_20381325.jpg


予定時間よりもちょっぴりオーバーしたドライブタイムだったけれど
ポイントに近づくにつれて車内では今日のスペイフィッシングの話で盛り上がったりもする。
けれどそんな楽しみとは裏腹にスマホでテレメーターを見てみると雨なのか雪解けの影響かは分からないけれど
予想よりも本流の水位が上がっていたのかもしれない。
水質も視覚的に20から30センチといった透明度なので、安全にウェーディングが出来るポイントから
僕達はスタートしてみた。
きっと紅葉のピークを過ぎたフィールドでは午前中に足を運んだポイントは2箇所ほどで
午後になってランチタイムを終えて身体が温まったところでもう一度テレメーターの値を確認してみた。
どうやらお気に入りのポイントはリクエストにこたえてくれたらしい・・・

PS 第2セクションはインターのスカジットラインとタイプ6のティップが抜群のラインシステムなんですって(笑)(笑)。

a0239006_20292098.jpg


a0239006_20292940.jpg


9.51→9.38


[PR]

# by bolocyan | 2016-11-02 21:53 | 釣りのお話 | Comments(0)
2016年 10月 14日
dancing
a0239006_21334934.jpg


ご機嫌なラチェット音が対岸からこだまして聴こえてくるので
初めて手にするリールからいつもよりラインを引き出したりハンドルを回したりをして
魚釣りそっちのけでタックルで遊んでみる。
タックルは魚と遊ぶツールにすぎないのだけど、久しぶりにタックルの余韻にひたってみることにする。
魚に会うためのウェーディングによるステップダウンだけれども今回はカリカリジジジ~と
やっぱりリールと遊びながらアップテンポなウェーディングをしてしまう。
魚もかかっていないのにリールを鳴らして、うっとりしてしまうなんて
やっぱり、へんてこりんなアングラーなんだなぁ~と僕自身恥ずかしくなってしまうけど
ついつい、とても嬉しかったりしてね(笑)。

a0239006_213412100.jpg


そんな僕は魚がかかったわけでもないのに、なんだか満足な気持ちになってロッドをおいて
プカリと余裕な休憩をしてみる。
ドボンという音とと同時に彼女の華麗なステップが僕がいる少し上流で披露されると、それよりもっと上流で
必死な形相で美人な彼女とのダンスについていこうとしているアングラーが僕の目に留まった。
僕は咥えタバコをしながらランディングネットを用意したりするけど、僕が遊んでもらったわけでは
ないので上流にいたアングラーほどの興奮はもちろん無かったわけで(笑)・・・
興奮がやまないアングラーの話をランチタイムも引き続き聞かなくてはならないし
僕が思いを込めて作ったフライにも魚からのコンタクトはもちろんないし・・・
ただ、ジルバだかチャチャチャだかワルツだか僕はダンスのことはまったく詳しくないけれど
ワサワサと器用に脚を動かして華麗なステップで僕のフライをしっかりとホールドして水中から現れたのは
Lサイズのモクズガニ(笑)

帰りの車内で、いつかS字ハンドルのリールを使うときがきたら、是非モクズガニの釣りかたを
教えてくださいねと、からかわれても僕自身初めてのことだったからね(笑)・・・

9.27→9.40

a0239006_21343953.jpg


a0239006_21345063.jpg


a0239006_21352055.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2016-10-14 23:19 | 釣りのお話 | Comments(0)
2016年 10月 01日
DJ博士ポイント
a0239006_13532037.jpg


日の出、日の入りのフィッシングは釣りというか少しスポーツに近いような感覚があった。
どれくらいのキャスティング、ウェーデイングでクタクタになったTeshio riverでの遊び。
きっとオリピック選手のようなアスリートでもクタクタになってしまいそうなスポーツフィッシングもたまには面白いのかもしれない(笑)。
ウェーダーを脱ぐのも座りながらじゃないとままならないけれど、明日には是非、魚からのコンタクトがほしいと、
僕はDJ博士に連絡をとってみる。

a0239006_13552966.jpg


a0239006_13535945.jpg



釣行の前日にもアドバイスを頂くが、どうもリズムが合わなくて、どうしたものでしょうねと、もう一度アドバイスを仰ぐ。
やっぱり一押しのポイント、フライチョイスをとおっしゃていたのだから、僕は翌日も日の出、日の入りフィッシングを楽しんでみた。
早朝の大きな魚のフックアウト、岩盤で形成されているポイントでのMサイズのアディオス、帰りがけにもう一度よってみたDJ博士ポイントでの2回のテイクとと
コンタクトは多かったものの僕は魚の顔を見ることはできなかった(笑)。
単独での初めての本流だけど、DJ博士ポイントのおかげで、とっても楽しかったから、そこのポイントは僕のなかでは
DJ博士ポイントと呼ぶことにしようと思う(笑)
そんな僕は遠いフィールドから帰るときも、久しぶりのエキサイティングな遊びで
足取りも意外と軽かったかもしれない・・・

a0239006_13534611.jpg


a0239006_13555763.jpg


a0239006_1354169.jpg


a0239006_13545445.jpg


68.00

PS 市街地のポイントでヒグマの足跡と忘れ物を見かけたのでマズメどきは、とくに注意して楽しいスポーツを・・・(笑)


[PR]

# by bolocyan | 2016-10-01 22:07 | 釣りのお話 | Comments(0)