<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 24日
Deep Fishing 2017

a0239006_22125740.jpg

前日はAM3時からPM8時までロッドを振りっぱなしで一度も魚からのコンタクトはなかった。
休憩もランチタイムの30分ほどとポイント移動の時間だけだったから翌日は疲れですっかり寝坊してしまった。

寝坊した理由はそれだけではなくて、夜から降りだした雨のせいで僕は諦めの二度寝をしたのかもしれない。
時計の針は12時をさしていて、僕はTeshio riverの様子だけでもと車に乗り込んで、本流に架かった橋の上から
覗いてみる。まったく期待していなかったけれど状況はさほどわるくはなさそうで、まずはコンビニのホットコーヒーとサンドウィッチで
遅めの朝食をとる。ゆっくりとしたスタートだけど前日のHIGENAGA Nightを楽しめなかったから、やっぱりテンションも下がっていたようで(笑)・・・

a0239006_22132938.jpg

さて、気分をかえてテーマはDeep Fishingとすることにしよう。
ディープウェーディングとディープレンジをスイングするラインシステム、リールからのディープなラチェットサウンドの期待、
それとフライのチョイスもヒゲナガパターンからストリーマーヘと切り換える。
そんなおもいでタックルの準備をして、干草のなんともすがすがしい香りを感じながら僕はポイントを目指す。
水質は前日よりもほんの少し濁りが入っていたけれど、これはもしかするととワクワクしながらリールからラインを引き出した。
ディープウェーディングも足先までは見えないからブーツの裏で川底をよく確認して慎重にステップダウンをしていく。
まもなくするとディープレンジをスイングしていたラインからロッドのバットに伝わる強烈な魚からのコンタクトがあった。
僕は必死でロッドを立ててみるが次の瞬間フッと反応の消えてしまって、急に魚とのやりとりが終わると僕はバランスを崩して
ひっくり返るところだった。本流の魚からのコンタクトはなかなかあるものじゃないから、がっくりと肩をおとしてフックアウトの原因を
確認するとティペットがぶっつりと切れていた。ちなみに6枚目の写真が使用したフライ。
どちらかというと、まめにラインチェックをするほうだから、ほんとうにガックリ(笑)・・・

PS・皆さんDeep Fishing 2017を楽しんでいますか?(笑)

a0239006_22131575.jpg

Tackle

Rod : R.B.Meiser S2H14078MKS-4
Reel :SpeyCo Skagit
Line : Airflo Skagit Compact 600gr Floating + Rio Level line T-14


a0239006_22140744.jpg
67.97
a0239006_22135316.jpg
a0239006_22134134.jpg
a0239006_22141594.jpg







[PR]

by bolocyan | 2017-06-24 21:54 | 釣りのお話 | Comments(6)
2017年 06月 08日
ヒゲナガが舞う一日
a0239006_10295515.jpg

早朝に入ったポイントのランを終えるころには寒さで手がかじかんでしまう。
先週に訪れたときには、ちらほらとヒゲナガを見かけたからウエットによるスイングフィッシングで
スタートしてみたけれど気温の低さからフライチョイスを少しだけ悩む。
そのうち太陽が高くなり気温もグングンと上昇すると、ヒゲナガが姿をあらわした。
僕がヒゲナガゲームをもっとも意識する時間帯はいつもは夕方だけど、この日はランチタイムのころでも
多くヒゲナガが飛んでいたし、ロッドをたたむまで一日を通してもやっぱりよく目にした。

a0239006_10301032.jpg

日中ではティップをRIOのレベルライン、T-8からT-11に変更し、ティペットにはやはりヒゲナガパターンのウエットフライを
結んで、スイングフィッシングを楽しんでみたけれどMサイズにも満たないニジマスにアディオスされただけの一日だった。
ここまで魚からのコンタクトが少なければ、ガーグラーみたいなドライフライで一日中遊んでみても
よかったのではないかと、いまとなってはちょっぴり後悔している。
さて、気分をかえて北のフィールドでおこなわれるHIGENAGA Nightのチケットでも予約してみようかな(笑)

Tackle

Rod : R.B.Meiser S2H13078MKS-4
Reel :SARACIONE Mark V Salmon Reel 3-3/4
Line : Airflo Skagit Compact 540gr Floating + Rio Level line T-8.T-11

9.57

a0239006_10301970.jpg
a0239006_10302971.jpg




[PR]

by bolocyan | 2017-06-08 21:32 | 釣りのお話 | Comments(0)
2017年 06月 01日
ゆったりキャスティング
a0239006_9573785.jpg


フライがターンをはじめると同時にラインが水中に引き込まれる。
でも、はじめのダッシュからして僕のお目当ての魚でないことは薄っすらと
気がついたが、やっぱり予感ははずれていなかった。
僕は優しく丁寧にそっと魚をリリースしたあと、同じサイズのニジマスだったらと
ちょっぴり残念に思ったりする(笑)・・・

a0239006_9565955.jpg


ロッドの準備をしていると、新しく揃えたMKX7/8のフェザーインレイのコントラストが朝焼けの光に照らされて
とても綺麗に浮かびあがった。そういえば、秋のシーズンのイメージでラッピングしてもらった
ロッドだけれども意外と初夏のシーズンで使用したくなるロッドかもと僕は気まぐれに思ったりする(笑)
そんな新しいロッドに使用するラインは随分と悩んでみたけれどAirflo Skagit Compact 540grにしてみる。
手持ちのスカジットラインのなかで540grというウエイトがお気に入りなのは、メンディングやフライのピックアップがしやすくて
少し大きめのフライもキャストできるから。
ちなみにMKX7/8ロッドの購入時に付属されていたラインはスカンジナビアスタイルの553gr。

a0239006_9572653.jpg




スカジットコンパクトに接続してみるティップは、テムズさんで切り売りしてくれるRioのレベルライン、長さは15ft。
キャスティングはスカジットラインとティップの接続部分が水面上でギリギリ確認できるように意識してからシュートをする。
ラインをセットしてから、いつもよりもワンテンポずらしてからシュートの動作をスタートし、ロッドを振りかぶるスピードを徐々にあげて十分にロッドに負荷を加えてシュートする。
少し戸惑ったけれど慣れればキャストフィールはわるくなかったように思う。
いつラインシステムが変更されるかはわからないけれど、MKX7/8をゆったりキャスティングしたい場合は今のところ540grかな・・・

Tackle

Rod : R.B.Meiser S2H13678MKX-4
Reel :SARACIONE Mark V Salmon Reel 3-3/4
Line : Airflo Skagit Compact 540gr + Rio Level line T-8

a0239006_9574778.jpg


a0239006_9575836.jpg


9.50


[PR]

by bolocyan | 2017-06-01 21:34 | 釣りのお話 | Comments(0)