<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 21日
ショートタイム
a0239006_1691431.jpg



ガイドが凍りついてキャスティングにストレスがかかるシーズンの前に、
急げば2時間ほどは水辺に立てるかもしれない。僕はそんな思いで晩秋の支笏湖へと車を走らせた。
僕にはゲームを確立することが難しいフィールドだから、短い時間でも十分楽しめるしね(笑)。

旧有料道路のポイントでは波がほどよくあって状況がよさそうだったけれど、結局いつも行っている
南岸に向かった。車を止めて準備をしているとスカンジラインを忘れたことに気がつくけど、
ここは支笏湖だから、そうもがっかりはしなかった。ただ、スカンジラインでのキャスティングを試せなかったのが
ちょっぴり残念だったかな。

ティペットにはいつも本流で使う華やかな配色のフライではなくて、やはり無難なカラーのゾンガーを結ぶ。
いつもより丁寧なキャスティングをして着水時のインパクトが少ないようにスカジットラインを飛ばしてみるが、
やっぱりそこは支笏湖というフィールド(笑)。
次はいつ訪れるかもまったく予想はできないけれど、自宅までの道のりに美味しいラーメン屋さんがあったりすると
もう少し通うフィールドだとは思うけれど(笑)・・・

a0239006_1611344.jpg


a0239006_16101167.jpg


a0239006_16102533.jpg


PS・ダンサブルなリズムパターンが久しぶりに面白いなと思ったナンバーでした(笑)


[PR]

by bolocyan | 2016-11-21 21:04 | 釣りのお話 | Comments(0)
2016年 11月 19日
Art
a0239006_19353072.jpg


きっとアパレル業界では次の作品をリリースするために、かなり前からシーズンに向けてイメージというか構想を練っているのかもしれない。
もちろん僕はアパレル業界のこともちっとも詳しくないけれどね(笑)。

僕は今までマイザーロッドをオーダーするときには少し時間をかけてテーマをきめて注文していた。そのテーマをきめていく
夢想の時間がとっても愉しかったりする。
最初にオーダーしたロッドのテーマは「RED LINE CLUB」次のロッドは「KIMONO」
そしてメインで使用している3本目のロッドは「MUSIC」と、あまり釣りとは関係性のないようなテーマ(笑)。
でもマイザーロッドというブランドにいたっては個人的に、とてもアート性があるように思うから、ついついのテーマでオーダーしてしまう。
もちろん僕はアートだとかデザインだとかもまったく専門的な知識があるわけではないので言葉に出すだけで照れちゃうけどね。

a0239006_19275617.jpg


そんな印象があるマイザーロッドだけども、最近ジワジワとマイザーロッド欲というか新しいイメージが湧いてきているような。
オーダーするかはおいといて、ポッと浮かんできたテーマは「FASHION SHOW」。
まだまだイメージは固まっていないけれど、来秋のシーズンに使用することを想定してのスレッドワーク、ゆったりとしたキャスティングを考えて
長さは13.6ftとここまでは決まっているようないないような。似たようなスペックのロッドはすでに使用していて十分僕には間に合っているけれどアートとなると、
それは別の話のような気がしてならない(笑)。
そのまえに使わなくなってしまったタックルを整理しなくちゃね(笑)。

PS・ もしもオーダーすることがあればイメージで最初の映像のURLを送ろうかなと思う。
マイザー工房ではへんてこりんなアングラーからのオーダーとなると、またちょっぴり困惑するのかな?(笑)




[PR]

by bolocyan | 2016-11-19 20:08 | Comments(0)
2016年 11月 17日
SARACIONE Mark V Salmon Reel 3-3/4
a0239006_2320297.jpg


a0239006_23222658.jpg


a0239006_2322108.jpg


a0239006_23211881.jpg


a0239006_2323423.jpg



[PR]

by bolocyan | 2016-11-17 23:01 | 釣り道具のお話 | Comments(0)
2016年 11月 02日
リクエストの第1から第3セクション
a0239006_20283510.jpg


中山峠の山頂付近は、すっかり冬モードの身震いをしてしまいそうな景色になっていた。
新品のスタットレスタイヤに履き替えた車の持ち主は、ホワイトアスファルトと化した
路面が初めてだったようで僕がハンドルを握ることになる。
車内では彼がチョイスしたであろうBGMが小さな音量で流れていた。
粉雪がとぎどきフロントガラスに落ちてくる光景の中で、ゆったりとしたテンポのレゲエミュージックを聴くのも僕としては好きだったりする。

a0239006_20381325.jpg


予定時間よりもちょっぴりオーバーしたドライブタイムだったけれど
ポイントに近づくにつれて車内では今日のスペイフィッシングの話で盛り上がったりもする。
けれどそんな楽しみとは裏腹にスマホでテレメーターを見てみると雨なのか雪解けの影響かは分からないけれど
予想よりも本流の水位が上がっていたのかもしれない。
水質も視覚的に20から30センチといった透明度なので、安全にウェーディングが出来るポイントから
僕達はスタートしてみた。
きっと紅葉のピークを過ぎたフィールドでは午前中に足を運んだポイントは2箇所ほどで
午後になってランチタイムを終えて身体が温まったところでもう一度テレメーターの値を確認してみた。
どうやらお気に入りのポイントはリクエストにこたえてくれたらしい・・・

PS 第2セクションはインターのスカジットラインとタイプ6のティップが抜群のラインシステムなんですって(笑)(笑)。

a0239006_20292098.jpg


a0239006_20292940.jpg


9.51→9.38


[PR]

by bolocyan | 2016-11-02 21:53 | 釣りのお話 | Comments(0)