<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 25日
ブレーキランプ / 10月22日
a0239006_18333934.jpg


「バッキングが出ているね」「あれ、バレたんじゃないの・・・」と次々と状況を伝えられる。
でも僕は、魚とのファイティングさえも、まるっきり上の空だったと思う。
大きな魚がバレてしまったことも気づかなかったくらいに・・・

a0239006_18342712.jpg


a0239006_1223434.jpg


本流が流れる名寄市にゆかりのある人のために4丁目の風景をファインダーに収めてくるのが今回の一番の目的だった。
そのついでに新しく揃えたタックルで遊ぶのが次の目的だったような気がする。
だから、写真半分、魚釣り半分が今回の目的だった。
確か9月頃からテレメーターと睨めっこをしては、なかなかタイミングが合わなくて
とうとう晩秋にさしかかってしまった釣行だけど、僕には嬉しい思わぬ出会いもあったりして
今回の釣行の目的がすっかり変わってしまった(笑)。

スペイフィッシングを始めてから、誰かとご一緒するのが初めてだったから僕はとても楽しかったと思う。
出会った先輩アングラーはやっぱり赤いウェーディング ジャケットがとても似合っているステキなアングラーだった。
ポイント移動で前方を走る車のブレーキランプが光るたびに僕は今までにフィールドで出会った数々の先輩アングラーとの
楽しかった釣行を少し思い出した。フライフィッシングを覚えたころは、とにかく大きな魚と遊びたくてよく先輩アングラーの後を追いかけていた記憶なんかがある。
だから、なんとなく懐かしくもあり、なにか新鮮な気持ちで僕は車のハンドルを握っていた。

a0239006_18335986.jpg


今回の釣行でのキーワードの名寄市、マイザーロッド、Red Line Club、思いがけない出会い、
その他にも色々な思いもあり、度重なる偶然がグルグルと僕の頭の中で忙しく駆け巡っていたから
魚とのファイティングも、まるっきり上の空だったと思う・・・

帰りの車内で少しだけ僕なりにバレてしまった魚を分析してみたけれど、2回のジャンプと上流下流にとスピード感溢れるパワフルな疾走を思い返すと
やっぱり唯一のファイトだったように思う。
もしかすると意外と大きなアミーゴだったような気もするけど、今回は悔しいとか残念だったなぁ~といった後悔は不思議とまるっきりなかった。
なにしろ僕には、もっと不思議な出来事でいっぱいだったからね・・・。

67.97

PS、そんなわけで4丁目の写真は残念ながら写してこれなかったよ(笑)。
PS、アネキ、60cmの魚ではなくてDJ博士に出会ったよ(笑)。

a0239006_12205066.jpg



[PR]

by bolocyan | 2015-10-25 22:32 | 釣りのお話 | Comments(2)
2015年 10月 02日
Cradle
a0239006_02214.jpg


新しい仲間に有茎草のロタラグリーンとロタラインディカ、魚はネオンドワーフグラミーのペアを揃えてみた。
ロタラの生命力は雑草にも負けずで、水上葉の脇芽から水中葉がつぎつぎと成長している。
水草は水上や水中へと適応するときに形や状態がかわるけれど、やはりそれらも神秘的で僕は興味をそそられる。
このぶんだと近いうちに、水草のゆりかごが出来るに違いない。

a0239006_024041.jpg


a0239006_045168.jpg


ニューラージパールグラスもスイッチが入ったのかモリモリと繁茂しているし、酸素の気泡がひっきりなしに見られるようになった。
水槽を立ち上げてから1か月が過ぎ、随分と水質も安定してきているようで、ミナミヌマエビは9匹ほど抱卵している。
まだまだ、水草が茂っていない水槽で孵化をしてしまうと、
きっと魚たちの栄養になってしまうから、
僕はスドーのサテライトスリム Mと
エアフロのスカジットコンパクト インターの600grを揃えてみた。
以前に水槽の中にセットする産卵ケースを使っていたことがあったけれど
何処を探してみても・・・笑
サテライトスリム Mは外付けのゆりかごで、金魚のブクブクで水の循環が出来るのだけど、単純な構造なだけに、僕はなんとも感心させられながら
ゆりかごを組み立てて、水槽に取り付けてみた。抱卵しているエビを新居ヘと移すと気に入ってくれたのか、いつもより頻繁に卵に新鮮な水を送る
動作を繰り返していた・・・

a0239006_035216.jpg


a0239006_05167.jpg


もし、興味を持ったアングラーがいたりすると、最初の水槽は90cm水槽がお勧めかな。60cm水槽が基本といわれているけども
水質の安定と見応えでは断然90cm水槽をチョイスしたほうが面白いですし
出来ればフレームレスがかっこいいかな。
水槽台はしっかりとしたものを用意したほうが絶対によいかと思うけど(笑)
帰宅するといつもよりフローリングの床が光っていたなんて聞いたことがあるけれど
あとかたづけが、かなりハードな様子だったからね(笑)・・・

a0239006_053078.jpg





[PR]

by bolocyan | 2015-10-02 22:36 | アクアなお話 | Comments(0)