<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 20日
Setting
a0239006_203836100.jpg


水槽を立ち上げてから10日ほどでパールグラスの葉が溶けはじめている。
調べてみると光量が少ないのではと蛍光灯をNECのホタルックα、
それに熱帯魚観賞・植物育成用蛍光灯のビオルックス HGに変えてみることにした。
どうにかパールグラスが元気になればと願っているのだけど・・・

レイアウトで小さなハプニングはあったけれど、久しぶりにアクアリウムで遊んでみると、やはり面白いかな。
そこで、水草水槽のセッティングに必要な機材を少し紹介してみます。
まずは、水槽にバクテリアのお家の外部ろ過機それに照明。調べてみると今はLEDのものもあるみたいだけれどあまり評判がよくないらしいし
メタハラライトは当時人気があって僕も憧れたけれど、今はそれほどでもないらしく、一般的な蛍光灯が扱いやすいらしい。
植物は光を浴びて光合成をするのだけど同時に必要なのは二酸化炭素。そこで酒屋さんに行って炭酸のミドリボンベを揃える(7000円くらいだったかな。)
(ミドリボンベは酒屋さんに返すと5000円くらいもどってきます。)水草用のボンベもあるけれどランニングコストがね。水槽の大きさによるけれど
ミドリボンベは確か2年ほどもったような。ちなみ僕は60cm水槽で遊んでいます。
次にミドリボンベとの接続で必要なレギュレーター、耐圧チューブ、電磁弁、コントローラー、
逆止弁、そしてカウンター。二酸化炭素を拡散する拡散器を最後に取り付けるのだけど
僕はチューブを外部ろ過機の排水口に直結している。
あとは1日8時間ほどタイマーをセットしてライトと電磁弁に電気を送る。そうすると、ライトの光と二酸化炭素が同時に水槽内に入ってきて水草が酸素を出してくれるから、
金魚のブクブクが要らないというシステム。
興味のある方は是非トライしてみてね。きっと面白いと思いますよ。

PS・デザイン性にこだわるならADAのものがかっこいいかと 是非、120cm水槽で・・・(笑)

a0239006_20385481.jpg


a0239006_20391543.jpg


a0239006_20392748.jpg






[PR]

by bolocyan | 2015-08-20 22:39 | ブログ | Comments(0)
2015年 08月 11日
CO²と光合成
a0239006_19194273.jpg


3年ほど前に、何かの用事で行ったホームセンターで気まぐれでトマトの苗を購入したところから始まったと思う・・・
1年目は庭の小さなスペースに所狭しと苗と苗の間隔も考えずに埋めて、そのまま手入れもしなかったけれどボロボロとおいしい実を
つけてくれて・・・
2年目は少し苗の種類を増やしてみた。レタスとピーマンそれにナス。悲しいかなナスの実はならなくてね(笑)

3年目の今年は少しお勉強をして、ちょっぴり多めに色々な苗を揃えてみた。いつも口癖になっている、隣のスペースで菜園でもやってみたらという提案だったけれど、結局は僕が土作りからと・・・
雑草の根、それに、どこからか飛んできた木の種だってしっかり育っている。まぁ、こんなところからの3年目のスタートだったけれど、トマト、ピーマン、
黄色いトマトとピーマン、しそ、ししとう、唐辛子、アスパラ、えんどうまめ、椎茸、きゅうり、長ネギ、ナスにミニカボチャ
イチゴ、サニーレタス、スイカ、ブロッコリーそれにアイスプラント、バジル、タイムとミントなんてとハーブ類もあったような・・・
実った姿を見ると、僕にしては少しだけほっこりするような出来栄えだったりする。ナスもようやく美味しい実をつけてくれたかな(笑)
今まで経験もないし、お手本も身近にはいないけれど少しずつ手探りで遊んでみている。

a0239006_19195184.jpg


a0239006_1920660.jpg


a0239006_19195850.jpg


かなり前に友人の影響でアクアリウムに夢中になってみたことがあって、今年のオフシーズンはこっそり遊ぼうと物置から以前に使っていた
水槽やらを探してみた。
友人の水槽はとてもきれいで、酸素の気泡をまとった水草達がとにかく幻想的だった。僕の水槽はそれなりだったかな(笑)
今回トライするにいたってのテーマは生態系とデザインかな。今は水槽を立ち上げている途中だけど、
アングラーのオフシーズンでのちょっとした遊びとして紹介ができたら面白いかなと思っている。
そのうち、Red Line Club通信みたいな題目でアップできればと思っているんだよね(笑)

a0239006_19202127.jpg


a0239006_19201679.jpg









[PR]

by bolocyan | 2015-08-11 20:49 | ブログ | Comments(0)
2015年 08月 03日
ちょっぴり照れてしまうウェアチョイス
a0239006_3541266.jpg


a0239006_1950219.jpg


どんなに大切に扱っていたウェアでも時の流れでどうしてもお別れしなくてはならないときが・・・
ピンホール、藪こぎで破れてしまった生地や出来るだけタイヤワックスをスプレーしてメンテナンスしていたゴム部分の劣化などなど。

a0239006_19503155.jpg


a0239006_19504987.jpg


スペイフィッシングを始めてからネオプレン製のウェーダーを新調するのは初めてで、、
AQUAZのウェーダーも気になっていたが身内とお揃いになるのがちょっぴり照れてしまうので、今回はRearthのRULER ウェーダーにすることにした。
以前から気になっていて、ホームページを見ていたら、僕には思い入れのあるブランドのO'NEILLを扱っているみたいで、
もしかするとO'NEILLのウエットスーツの生地はRearthのウェーダーと同じところで作られているのかと
少し僕にはうれしいような、ほんのささやかなストーリーがあったりして・・・。
最初に選んだサイズのカラーはブラウンだったけれど、それは少し窮屈でピッタリサイズのカラーはフォレストグリーンしかなくてね。
どっちにしても僕にはちょっぴり照れてしまうウェアチョイスになってしまったかな・・・笑

PS 結局、僕のサイズはXLで、かなりウエスト周りに余裕があるからカンガルーのぬいぐるみでも入れてみるよ(笑)








[PR]

by bolocyan | 2015-08-03 20:27 | 釣り道具のお話 | Comments(0)