<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2015年 02月 19日
Shocking Pink と Shocking Green のドッキング
a0239006_3215868.jpg


HARDY MARQUIS SALMON No.1 (SALTWATER)のレポートと言うか、お手紙は
のちのちで・・・

a0239006_23211379.jpg


a0239006_23204948.jpg


a0239006_2321408.jpg


a0239006_23223257.jpg


映画、赤い部屋の恋人(The Center of the World)のサウンドトラックより。
学生の頃に官能的なデザインのCDジャケットがなにかカッコよく思えて購入してみたが
久しぶりにジャケットを目にするとやっぱり魅力的だなぁ~
ユーチューブには残念ながらジャケットが載っていなかったような。

Ekova - Temoine (Farmakit mix)
[PR]

by bolocyan | 2015-02-19 21:58 | 釣り道具のお話 | Comments(0)
2015年 02月 16日
Tornadoパターン / Torcuru
a0239006_043683.jpg


僕にとって大型のストリーマーといえばシンプルかつ実戦的なゾンカーやウーリーバッカー。
およそこの2種類だけでも、今まで大きな魚と出会えて十分楽しめたと思う。

やがてスペイを楽しむようになり定番パターンの僕のタイイングも少しだけ変化したように思える。
スペイを始めてから最初に覚えたテクニックはマラブーのハックリング。
毛足の長いマテリアルをシャンクに巻くとなると慣れないうちは少し難しく思えたけれど、出来上がったフライを
眺めてみると、なんともカラフルでボリュームがあってゴージャスでなにか新鮮に思えた。

以前に動画サイトでゾンカーストリップをクルクルとハックリングしているテクニックが紹介されていたので
それ参考にいくつか僕もタイイングをしてみた。

a0239006_045556.jpg


4番のロングシャンクのフックの後方でゾンカーストリップを巻きとめる。これはゾンガーのタイイングと一緒だね。
次にUVポーラー・シェニールを巻きとめてゾンカーストリップと一緒にアイの方向へクルクルとハックリングしていく。
タイイング前にゾンカーストリップを水で濡らしてスキン部分を引っ張って伸ばしておくとハックリングしやすいのとファイバーがばらけずにすむ
からタイイングがはかどるかな。
巻き終えたゾンカーストリップとUVポーラー・シェニールをアイ付近でしっかりと固定する。
ハックリングでファイバーが少しばかり巻き込んだようなタイイングでもブラシを使ってゴシゴシと整えれば問題ないヨ。
あとはマラブーをクルり、ギニアをクルりとやってハイ出来上がり。

a0239006_05852.jpg


出来上がりのフライを後方から見てみると綺麗な竜巻の形状になっているのがちょっぴり面白い。
今回は実験的にタイイングしてみたが、マラブーの変わりに最近揃えてみたスードゥーヘアーの各色をツイストして仕上げてみても面白いかなと思っている。
フライのネーミングは”Torcuru” にしようかな(笑)

Señor Coconut - Corcovado

Señor Coconut - Around The World

Señor Coconut - Ongaku
[PR]

by bolocyan | 2015-02-16 19:45 | タイイングのお話 | Comments(0)
2015年 02月 15日
ツヤツヤ、キラキラ サケ稚魚パターン/2015
a0239006_232930100.jpg


雪模様真っ只中でも暦の上では春なのだから、生命感が溢れるようなサケ稚魚パターンを巻いてみる。

以前にUV硬化材を購入してみたけれど、釣行のときなどにベストに入れて、ピンホールやインジケータの滑り止めなんかに利用していたが
釣具屋さんでみつけたUVライトが目に留まりお手軽価格も手伝って購入してみた。お値段のほどはアメリカ屋漁具店で500円未満だったと思う。
お手軽になったUVアイテムを使ってみたくて、Uniのフラットブレイドとスードゥーヘアーも揃えてみた。

a0239006_23295232.jpg


まず、フラットブレイドをチューブに沿って巻いてみる。その上からUV硬化材を塗ってライトを当ててその上からフラッシャブーを巻いてみるもよし、
ネイルのラメを散らしてもよし。(ネイルのラメは100円ショップで購入できるらしい)その上からもう一度、UV硬化材を塗ってライトを当てる。
キラキラ、ラメラメのボディーが出来たところでポーラベアーとスードゥーヘアー(ブルー)とフラッシャブーを少量ずつチューブーの上に載せる。
お腹にあたる底面には少しハリのあるバックテイル(僕はレッドとオリーブ)を巻いてみた。そうすると栄養がたっぷりと含まれているようなお腹に
表現できるような気がして。上下バランスが良く巻けたならばアイスダブのミノーバック(UVブルー)を背に少量載せて、クリスタル・ハックル・ラージ(ホワイトクリアー)を
2回ほどハックリングしてギニアをクルっとやって出来上がり。今回は、レッドワイヤーを入れたものと2パターン。
大きさは約5cmほどと春のフライは僕としては少し小さく思えるけれど、水で濡らしたときのフォームは、お腹のあたりがフワっと曲線を表現出来ていて、
キラキラと生命感が溢れるパターンになったかもしれない。
ツヤツヤ、キラキラボディーをまとめて作っておけば作業はサクサクとはかどるかもしれないネ。

a0239006_23303669.jpg


a0239006_2331310.jpg


Kill J feat. Vindla - Bullet



[PR]

by bolocyan | 2015-02-15 21:54 | タイイングのお話 | Comments(0)