<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 11月 20日
小指を立ててのタイイング
a0239006_23565938.jpg


a0239006_23571837.jpg


a0239006_23573162.jpg



Kero Kero Bonito - Flamingo




[PR]

by bolocyan | 2014-11-20 22:59 | ブログ | Comments(0)
2014年 11月 20日
Sample
a0239006_21581493.jpg


僕は洋服が好きなんだけれど10年近く自分で購入した事がない・・・

楽しみながらと取り組んだ遊びも友人にお願いをすると全て仕上げてくれて、
僕は、まったく楽しむ余韻も無かったからね(笑)。今回は、こっそりとロゴを考えることにしよう(笑)。

帽子だとか靴下にロゴが刺繍してあると、ついついイケイケのスカジットキャストになると思うのだけれどもネ。

Chromatics - Looking for Love

Chromatics - Looking for Love
[PR]

by bolocyan | 2014-11-20 22:34 | ブログ | Comments(0)
2014年 11月 15日
Fade Out
a0239006_23314322.jpg


シングルロッドを振っていたころにダブルホールがなかなか上手に出来なくて、気がつけばついつい何処でも素振りを
してしまうことがあった。たとえば電車待ちでのホームでの素振り、ドアが開くタイミングとシュートのタイミングが
バッチリと合ってしまってドア越しに立っていた乗車していた人と僕は目が合ってしまう。
僕は恥ずかしさのあまり、そのまま電車を見送ってしまったことがある。やはり僕は面白いことや楽しいことをみつけると
「軽率な」 という重い症状が出てしまうらしい。
そして今回も十勝へ向かう途中のコンビニでレジ待ちをしていたときに、僕のついついの症状が出てしまった。
セットしてからのスネークロールキャスト。「次のお待ちのお客様」の店員さんの声かけでシュート。どう、お会計を済ませるポージングをとろうとも、
どう、ごまかそうとしても僕は恥ずかしさでいっぱいになってしまった。
僕はやってしまったあとに後悔するタイプで、いつも反省はするのだけれども、忘れたころについついの症状が出てしまうのだろうなぁ

a0239006_2332722.jpg


グッと冷え込んだ、朝日で眩しいフィールドでロールキャストをしながら少しずつラインをリールから引き出す。
もう少しランニングラインを出そうかとロッドを振りかぶると小ぶりな魚がフライを咥えていた。
少し、くすんだ魚体を見ると今シーズンもとうとう終わったのだと僕は少し照れ笑いをしながら、そっと魚をリリースする。
太陽の上昇は実に早く気がつけば、もう下降の軌道に変わっている。魚からのコンタクトは無いまま秋の日の時間は急ぎ足で
刻々と迫っている。
フィ-ルドの草木はすっかりと葉を落とし、生命感あふれる季節では木の枝やら藪で歩くのが困難だったポイントが少しばかり道を開けてくれてる。
この日最後にロッドを振ったのも初めて目にするポイントだった。
下流に向かって左側にゆっくりとしたカーブを描き左岸側は流れが止まっていて、深場でも水流は巻いていない。
シーズン最後にロッドを振るとしたら僕には絶好のポイントだった。
対岸側にキャストをし、ゆっくりとスイングさせる。やがてスイングしたラインが水流の抵抗から抜けてフッとテンションが軽くなる。
魚がフライを咥えるとしたらこのへんだろうなと僕は少しだけステップダウンをして、もう一度フライを流す。
またラインは水の抵抗から抜けてゆっくりとターン、テンションがなくなると同時にガツンと握っていたグリップが手から弾かれそうになるような衝撃が
伝わる。僕は急いでグリップを握りなおしてロッドを立てる。3.4回の強烈なヘッドシェイクが伝わってきたがやがて何事もなかったようにロッドテンションが
軽くなる。眩しい夕日に照らされながら僕は深いため息をついてみたが気分は意外と悪くなかった・・・

翌日は十勝川の下流まで足を延ばしてみたが低気圧の影響で下流域の水質はすっかりと濁っていたように思う。
きっと次回は楽しませてくれるのだろうと白鳥達が佇む、みなもを少しだけ眺めて雪が降る札幌まで車を走らせた。

a0239006_23332937.jpg


a0239006_23324436.jpg


59.88
1.95→2.27×

Arvo Pärt - Spiegel im Spiegel
[PR]

by bolocyan | 2014-11-15 23:59 | 釣りのお話 | Comments(0)
2014年 11月 03日
験担ぎ
a0239006_5354455.jpg


シングルロッドを振っていたころに、よく結んだフライとしてはブラック、ブラウンカラー主体のウーリーバッガー、ゾンガー、ビーズヘッドマラブー、
ウエットではシルバーマーチンだったかな。とくにめずらしいフライパターンではなく、シーズンを通して実によく釣れたフライだったような気がする。
ただ、秋から冬にかけて必ず結ぶパターンがあった。
もう、かなり前になるだろうか。確かフライロッターズという雑誌の付録でプロタイヤーの備前 貢さんの特集が組まれていて
そこで、紹介されていたのは大きなフックにウエットフライが巻かれていてアイの部分にくるりとオレンジ色のシェニールが巻いてあった。
そして、解説では北海道の大きなニジマスが~なんてことが書いてあったかもしれない。
もしかするとフライフィッシングを始めてから少し明るいカラーのマテリアルを使って最初に巻いたフライは、これが初めてだったかもしれない。
そのほかにも、オレンジ色のマラブーパターンも僕のフライボックスには入っていたような。

スペイフィッシングを始めてからも作るフライのベースカラーになるのはやはりブラックやブラウンと落ち着いた色でまとめるのは今も変わらないのだけど、少しでも多く華やかなカラーを取り入れて
自身も目でそれらを愉しみたいと思い、日に日に色鮮やかなマテリアルを使うようになってきている気がする。
フライが華やかになると大きな魚達には少し目立ちすぎではと少々、不安は残るけれど、そこは僕の愉しみでもあるような。
しかし、どんなフライを使ってもやはり僕はフライの流し方が肝心だと思える。それは大きな魚のレーンにフライを持っていくということが一番大切ような気がする。
僕はスペイロッドを使ってもシングルロッドと変わらないライン操作をするから、時々アップでキャストをして、かなりフライを沈めるとか、キャストをしてから流れに乗せて手元からかなりラインを送ることもある。
また、ラインメンディングを数回にわたっておこない、そのたびに張らず緩めずでラインを送ることもある。
初めて訪れるポイントでも季節によって流れのどの位置に大きな魚が泳いでいるかをイメージして、魚よりも深い位置までフライを沈めて、
ターンとともに魚のレーンまでフライを浮き上がらせるイメージで魚からのコンタクトを待つことにしている。
はたして、スペイフィッシングでの遊び方は僕は独学で愉しんでいるので正解かどうかは分からないけれど、とりあえずシングルロッド同様のライン操作を行っている。
そして近頃は大きな魚と遊びたいときは僕には少し懐かしいパンチというかビートの効いたサウンドを聴きながらフィールドに挑むようにしている。
研究所にパンチというかビートの効いたサウンドと大きな魚の関係性を科学的に分析してもらおうと思うのだけど・・・ (笑)

Ween - I'll Be Your Johnny On The Spot

久しぶりにナイスなブランドだなぁ~
釣りで使う北海道使用のあったか靴下を作ってくれないかなぁ~
やっぱりJason Jesseeさんはユーモア満載なんだね












[PR]

by bolocyan | 2014-11-03 22:10 | 釣りのお話 | Comments(0)