<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 07月 27日
アマガエルのクロールと僕の平泳ぎ
a0239006_157231.jpg


たとえばベストシーズンに突入してから急いで揃えてしまうのは僕の場合当然のことだけれども

たぶんそれはよい判断だとは思わない。こんなことはオフシーズンに用意するべきだとは思うし、

もちろん有意義ではないし効率もよくない気がする。

でもそれは仕方がない。やはり僕だからね。

去年、ウェーディングシューズのフェルトが剥がれて散々だった季節はずれのビッグドライフライの釣行

それを思い出してオフシーズンに用意していたスパイクで夜な夜な電動ドリルを使って、はた迷惑なフェルト交換。

ついでにいつも悩ませられていたスペイラインのあやとりを解決すべくヨリモドシを使用してのラインのネジレ対策。

今までガイドとヨリモドシの接触を考えるとなにかしら違和感があるのではないかと敬遠していたがいくつか作ってみることに。

使用感は思ったよりも金属のすれる違和感はないし、なんといってもラインのネジレが驚くほど軽減されていて、もう少し前から使用してればよかったと少し後悔するくらいだった。

作り方は、いつも僕が参考にさせていただいているDJ博士のブログに載っています。


a0239006_1571895.jpg


なにかしら釣り道具を自作するとそれを試したくなるのは僕だけじゃないはず。

札幌から日帰りで行ける本流はと考えて地図を参考にしてポイントを絞り込む。

もうすでに太陽の光が眩しい早朝、僕は車から降りて朝露で濡れている空き地で釣りの準備をそそくさと急ぐ。

ご苦労様の藪こぎを十分に堪能して決めていたポイントに入るといかにも大物が潜んでいそうな流れが僕を迎えてくれるが、

一日釣りをしていて大きな魚の存在は何度かは確認できたけれど僕のフライはお気に召さないご様子。

結局遊んでくれたのは、背中の斑点がなんとも夏らしい山吹色のミドルサイズのアメマスと、僕が結んでいたフライの大きさとさほど変わらない小さな魚達だけ。

日が沈む時間までドッパーンと音が聞こえた暗闇に向かって僕はロッドを振り続けたが・・・


PS ベアリングが2つ付いたヨリモドシがあったけれども、もしかするとチューブですべての金属部分を覆えそうで・・・使ってみたかったけれど残念ながらサイズが売り切れていたんだよね。

a0239006_1581086.jpg


a0239006_1575824.jpg


a0239006_1574220.jpg


吉田 日出子 - リンゴの木の下で

吉田 日出子 - サイド・バイ・サイド
[PR]

by bolocyan | 2014-07-27 22:29 | 釣りのお話 | Comments(0)
2014年 07月 22日
CICOとクリック音
a0239006_18543042.jpg


a0239006_1857186.jpg


前回の十勝での釣行で僕が使用したタックルは、ロッド R.L.Winston MI6 9ft #4、 リール Pflueger Medalist 1492。

強い流れでフライをくわえてくれた元気いっぱいはラチェット式のドラグの音を何度か聞かせてくれた。

なにせその日は、リールのクリック音を意識しながらの釣行だったから、シビレるほどの興奮があったよ。


a0239006_1857586.jpg


a0239006_1858912.jpg



フライを始めて最初に使った単品のリールは、現行モデルのフルーガー メダリスト1492だったように思う。

でも、このリールで遊んだ記憶もあまりなく、それはすぐに高番手の魅力を知ったものだから仕方がないと思うけれどね。

現在もなかなか出番は少ないけれど前回のコミュニケーションフィッシングみたいなシチュエーションだと意外と面白いリールではないかと少しだけカスタムをすることに決めた。

紙やすりで塗装をルーズに落して、赤のエナメル塗料でレッドラインを施す。たったこれだけの作業でもガラリと印象が変わるし、より一層愛着がわくような気がする。

正直、こんなにお気に入りになるリールだとは思わなかったよ 笑・・・

今回はハーレーのパンヘッドの少しヤレた感じようなガソリンタンクをイメージしてみたが、もう少し塗装が落ちたならば塗装を完璧に落して

ヤマハSRやカワサキMACHやスズキ、インパルスのカフェ風カスタムのピカピカなシルバーテイストのガソリンタンクを連想させるような、そんなカスタムにしようかと考えている。 

もちろん僕はSR500が500が好きなんだけれどもね・・・


a0239006_18582246.jpg


a0239006_3325415.jpg


Jesper Munk - Seventh Street

Jesper Munk - I Love You

PS.Joe Wehnerさんのテイストが好みでして

a0239006_655112.jpg


a0239006_6104777.jpg


a0239006_3403970.jpg


Lucinda Peters - Show Me They Way To Your Heart
[PR]

by bolocyan | 2014-07-22 21:08 | 釣り道具のお話 | Comments(2)
2014年 07月 17日
Rookie
a0239006_11202570.jpg


なにかのきっかけで知り合いになった彼に会いに行くために僕は深夜の道央道から道東道ヘと乗り換える。

深夜の高速道路ではヘッドライトも思い出したかのようにすれ違う程度の時間帯。この時間のドライブも僕は意外と好きなのかも知れない。

心地よい音楽を聴きながら東へ向けての、のんびりしたドライブ。

だがそれは一気に緊張感へと変わる。

高速道路でのエゾシカの出現は初体験で僕はとっさにブレーキを踏んだのだけど、日中にと考えると僕は今でも嫌な汗をたらりと感じる。

そんなこんなでいつもよりハンドルを持つ手に力が入ったドライブだったが明け方にはどうにか彼に会うことができた。

a0239006_11204119.jpg


a0239006_1118494.jpg


挨拶もそこそこにしてタックルを車に積み込んでフィールドへ向かう。もちろん車内では、かくかくしかじかの釣り談議で笑いが絶えない。

初対面でさほど時間がたっていないのにすぐに打ち解けるのは、もしかすると釣りの魅力の一つかもしれない。

今回の主役は僕じゃないからロッド振ったのも数回だったような気がするけども僕は不思議と退屈はしなかった。

彼がトラウトと戯れている間に、この川にもバイガモが咲いているんだなぁ~とか、小さいブルーの可愛らしい花の名前は?といった具合に僕は僕なりの、もう一つのフライフィッシングを楽しんでみた・・・

お互いのフライフィッシングを思う存分楽しんだ夜は、楽しい時間を肴にしてアルコールもどんどん進む。

それにともない、「これは一人ごとであって、けしてアドバイスではないからね」といった具合に僕は今までのフライフィッシングを少し思い出してみた。

それから深夜のインターネットの徘徊で彼が何を揃えたかは僕は泥酔しててまったく覚えていないけれどもね 笑。

a0239006_111834100.jpg



最近、運動不足のせいなのか川歩きをすると必ず熟睡中に足がつって激痛で目が覚めてしまうから

鶯谷、西川口、堀之内、それに調布、もしかすると西船橋あたりも的な下町チックなマッサージ的な遊びも提案したかったけれど、

これ以上の遊びを提案するとなると、きっとキュートでグラマラスな奥様に僕はモーレツに叱られると思うから、今回だけは我慢する事にしよう 笑・・・

機会があったらトラウトDEマッサージツアーでも企画してみようかな 笑


a0239006_11254239.jpg


PS・1~3曲はフライフィッシングを夢中で楽しんでいた頃によく聞いていたんだよね
Paris Avenue - I Want You

Filur - Sunset Boulevard

Filur - It's Alright

Filur - 20 Lashes feat Prins Nitram
[PR]

by bolocyan | 2014-07-17 21:34 | 釣りのお話 | Comments(2)
2014年 07月 12日
陽気なトロピカルSOUND
a0239006_12483847.jpg



オホーツク海に流れ込む本流と、この時期らしいカラッとした北海道の風と青い空。

僕が理想とするシチュエーションがそろったのだから、迷わずに僕は南国風味柄 満載のアロハシャツに袖を通す。

そして、アロハの柄を少し分けたようなウエットフライをフロロ2.0号の先結んで僕は鼻歌まじりでウェーディングを始める。

僕は、なんといってもこの時期のウエットフライで遊ぶスイングの釣りが一番好きかもしれない。

それは、ライトタックルで遊べるし、グローブもいらない、ネオプレーン製のタフなウェーダーだっていらない、とにかく軽装で遊べて開放感があるというか。

日中だってラインシステムを変えれば遊んでくれると思うから早起きなんてのもいらない。

a0239006_12491624.jpg


a0239006_12511624.jpg


なんとも心地よい本流の流れに身を任せて僕はユラユラとステップダウンをしてゆく。

どれくらい本流の流れに流されたのかは覚えていないけれど、まもなくすると大きなウグイ達に紛れて

十分楽しませてくれたレインボーが僕の記憶にしっかりと納まった。


ロッド. TFO TF 5/6 126 4  ライン.Rio Steelhead Scandi 385gr   リーダー.フロロリーダーorエアフロ ポリリーダ スローシンキング

a0239006_1482685.jpg


a0239006_12513642.jpg


イブニングにはモンカゲロウ達がパーティーを開いてくれるものだから僕はパーティードレスに着替えて

花束代わりにTMC100の8番フックで巻いたパステルイエローカラーのモンカゲパターンをいくつか用意をして出席することにする。

やはりこの時期のパーティーがなによりも好きかもしれない・・・

a0239006_12515921.jpg


a0239006_12522189.jpg


a0239006_12523452.jpg


Annette Funicello - Pineapple Princess

Annette Funicello - California Sun

Annette Funicello - The Monkey's Uncle
[PR]

by bolocyan | 2014-07-12 21:55 | 釣りのお話 | Comments(2)