<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 29日
急がば回れ・・・
a0239006_1473086.jpg


a0239006_1474845.jpg


a0239006_148120.jpg



一度だけ、くっきりはっきりとした大きなブラウントラウトが

僕のフライの横でお辞儀をするように現れて 、また、消えてゆく・・・

ベストシーズンを迎えたフィールドでも、きっと僕には容赦しない。

あきてしまった僕は車のダッシュボードに入れっぱなしのチケットを思い出してフィールドをあとにした。

よく晴れた空青の日。

僕は芸術だとかは、まったく疎いしあまり興味がないので、美術館に行ったのは何年ぶりだろうか。

たとえばカメラが趣味になってからも、写真展だとかもまったく行ったことがないし、やはり興味がない。

だからもちろん写真家だとかもまったく詳しくないし、加納典明さんとアラーキーさんと篠山紀信さんくらいかな。

くっきりはっきりとした写真はとても魅力的で僕は案外ファンになったのかもしれない。

いつの日かすれ違った人に「キミはカメラをやっているとか写真が趣味だとかは口に出して言わないほうがいいよ」と言われた事がずっと僕の心に引っかかっていて、

たぶん芸術家に近いような人だったから、いまだに僕は謎解きができないけども、それにしても釣れないネ・・・



TMVG - How To Scratch Part.1&2

Rocketman - さんばじゃない?

Konishi Yasuharu - ビートの達人




[PR]

by bolocyan | 2014-05-29 19:17 | 釣りのお話 | Comments(0)
2014年 05月 08日
GROOVYでJAZZYなLamson Litespeed 1.5 と Lp 1.5
a0239006_20104324.jpg


a0239006_202428.jpg


a0239006_2025954.jpg


「お前か毎日橋の下で 黄色いジャンパーを着てロッドを振っていたのは・・・」

僕は、ウェーディングジャケットなんか持っていなかったから、当時のフライフィッシングの地味路線に似合わないような

少し賑やかなスノーボードウェアなんかを着て遊んでいた。

僕はやんややんやと賑やかなおじさん達に紛れていたから、「おっさん達のセンスはまるでダサいヨ」と言っても 僕は、なにやらかわいがられた記憶しかない。

当時のなんとなくのリールは僕が使っているLamson Lpみたいな形が主流でLitespeedみたいな形はまったく斬新だったような気がする・・・

他にも両軸だとかビリーペイトのリールみたいなアイテムがあったけれど、やはり一般的な形のフライリールが主流だったと思う。

大人びた世界でちょっぴりの自己主張をしたかった僕は本格的なフライタックルで最初に使ったのはLamson Litespeed 1.5だった。

僕は、いつもの仲間が集うフィールドに少し自信満々の気分で登場したが、おっさん達は僕のリールを見るなり

「これからの若者はこういうデザインがいいのかねぇ~」みたいにからかわれて、確か20人ぐらいのおっさん達が

勢ぞろいで僕のリールをネタに爆笑していた・・・

でも僕は、けして嫌な気分ではなかったし、とても楽しかったから

ウォーターワークスをいつの間にか使っている彼に「没収ですヨ」と言っても、やはり笑いが尽きないフライフィッシング。

Lpはいつ頃から使っていたのかはあまり記憶はないけれど、Litespeedは寝ている親のおサイフからくすねて

いっぱしのアングラーになったような気分になったリールだから、たぶん忘れないだろう・・・

PS、その頃にもDJ博士は来ていたと噂に聞いていたけれど、僕は土日は女の子とDJをするためにフィールドにいなかったから、だから僕の記憶にはまったく写らないのでしょう・・W

おかしなところでの記憶力は僕は持っていると思うけれどネ W・・・・


Soulstance - Bass for Love (feat. Lo Greco Bros)

Soulstance - Pandora (feat. Lo Greco Bros)

Soulstance - To the Mix (feat. Lo Greco Bros)
[PR]

by bolocyan | 2014-05-08 21:27 | 釣り道具のお話 | Comments(0)
2014年 05月 06日
120cm水槽にネオンテトラ1匹の確率
a0239006_21531947.jpg


a0239006_21534061.jpg


a0239006_2154176.jpg


はたしてドキドキさせてくれる魚に出会ったのは、このフィールドではいつ頃のことだっただろうか・・・

根がかりのあとのティペットだけを回収する行為を何度繰り返したならば一緒に遊んでくれるものなのかと

期待をかけて作ったフライを結ぶが案の定にまたティペットだけが帰ってくる。

次回は、久しぶりにルアーで遊ぼうかと思ってみるが、紫外線が少しだけ眩しく感じらてたから

家庭菜園の苗をどれにしようかと悩みつつ、少しばかり早いセミの鳴き声を巻いてみる・・・

Gabin - Bang Bang To The Rock´n´Roll

Gabin - Life Can Be So Beautiful feat. Z-Star aka Zee Gachette

Club des Belugas - Floating on Air




[PR]

by bolocyan | 2014-05-06 18:51 | 釣りのお話 | Comments(0)