<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 26日
えなり君のHardy Marquis 8/9論
a0239006_1574337.jpg


a0239006_14292469.jpg


a0239006_14293846.jpg


Butch - Sun In Her Eyes

Butch - Drummers Drama

Butch - Joy

右を見れば泉ピン子さん、左を見れば橋田壽賀子さん だから僕は、えなりかずき君です。

なんとなく僕も共感できるところがあって、右を見ればピアレスを持ったおじさん、左を見たらハーディーを持っているおじさん・・・

左を曲がった道をすぐ後に確か右に曲がると少し開けていて、フライフィッシャーが集う憩いの場がある。

フライフィッシャーの猛者達が集まるようなフィールで僕は、カーステレオでインダストリアルロックをガンガンにかけて、

ダイワのフライタックルセットを持って「こんちわ」と大きな声で挨拶をして参上する。

いつの日か、僕は今も詳しくは分からないけれど確かハーディーの初期のカスカペディアが桐箱みたいな箱に入っていて

それをおじさん達は甘い樹液に群がるカブトムシみたいに夢中になっていた。

どうしても、僕がかけている音楽はリールを品評しているおじさん達にはついつい邪魔で、うるさいと叱られることはあったけれど

猛者達と一緒に写っている写真はどういうわけか僕は、いつも真ん中だった・・・

環境がヒトを創るように感じるけれど、僕はやはりカッコいいが源でハーディーのかっこよさは、まだまだ

僕は分からないけれど

ただ、Red Line Club は彫刻が施されているハーディーと相性がいいような・・・

Red Line Club に、もっと似合うリールは他にもあるかもしれないけれど僕は探究心がないから選べない。


PS・春先のシャーベット状の駐車場で、その人が言った哲学はギャグ満載のように僕は感じたけれど

その人は、いたって真剣だったから余計に僕は面白かった・・・
[PR]

by bolocyan | 2014-02-26 22:39 | ブログ | Comments(0)
2014年 02月 16日
peru/juppy/junko/coco
a0239006_13553513.jpg


a0239006_13555123.jpg


a0239006_135672.jpg


Little Jimmy Osmond - Long Haired Lover From Liverpool

[PR]

by bolocyan | 2014-02-16 15:01 | picture | Comments(0)
2014年 02月 16日
おみやげ
a0239006_1642913.jpg


Marina de La Riva - Estupido Cupido


エルクヘアとピーコックハールの難題を出されたのは年始の頃であって

僕は今年初めてタイイングデスクの前に座り、少し考えてフライを巻き始める。

僕がフライフィッシングを始めたころに最初に揃えたのが確かエルクヘアとかピーコックハールのマテリアルだったから、なおさら僕には難しく感じてしまった・・・

去年の十勝で錆だらけのフックで釣ったレインボーを思い出して、少し大きめのドライフライを巻いてみることにする。

フライを巻くにいたって探究心も発想も乏しい僕だから、特に珍しいフライを巻かないにしろ

久しぶりにドライフライのタイイングで少し夢中なって過ごしてみる・・・

TMC200R6番のフックに、ウレタンフォーム、ピーコックハール、CDC、エルクヘアとハックルでポッカリモスラ

を巻いてみた。


a0239006_16423088.jpg



そんな探究心も発想も乏しい僕は、始めたばかりのスペイフィッシングでもやはりのんびりと遊んでしまう。

フライフィッシングを覚えたての頃は毎月何冊かの雑誌などを読んだりをして勤しんでいたことはあったけれど、ここ数年間は釣りに関する本も懐かしさのあまりに購入した1冊くらいなもので

それは、もちろん僕自身が釣りへの探究心が薄くなってきているのだろうから自然なことだけれどもね。

だから僕はなんとなくのスペイフィッシングで満足してしまうし未完成な考えでかまわないんだ。

そんなことをグルグルと考えながらスカジットティップの先端につけるショックリーダーの予備をいくつか作る。

スカジットティップの先端にフライのリーダーを付けるのか、それともティペットを直結するものなのか実のところ

僕はよく知らないのだけれども確かスペイ博士の記事にスカジットティップにティペットを直結するみたいなことが書いてあったような気がして

そのまま僕もティップにティペットを直結しているわけだが、フロロのティペットを直結するとなるとスカジットティップの接続部分のコーティングがフロロ特有の鋭利的な素材で傷んでしまいそうな気がして

40ポンドぐらいのナイロンで10cmないくらいのショックリーダーを

ティップとティペットの間に一度かませてからフロロのティペットを1ヒロほどチチワ結びのループ同士で接続している。

それと、僕が使うエアフロのポリリーダーの先端にはコーティングはついていないけれど、コアの部分がナイロンなために

少しでも長く使えるようにと、こちらは20ポンドぐらいのナイロンのショックリーダーを使用している。

はたしてこれが正解なのかどうなのかは、まったく分からないけれど、僕の未完成なスペイフィッシングは

まだまだ続くと思う・・・

スカジットシステムについては

ショップに寄ったときにでも、もう一度詳しく聞いてみようと思うけれど、いつも聞くのを忘れちゃうんだよね W


阿川 泰子 - Skindo-Le-Le (Gerardo Frisina Remix)

Gerardo Frisina - Calle De Candela






[PR]

by bolocyan | 2014-02-16 00:54 | Comments(0)
2014年 02月 11日
節分の日の鬼のパンツの模様と心もよう
a0239006_1411066.jpg


a0239006_14111838.jpg


ps.僕は夏木マリさんのサインだけは欲しかったョ 片桐はいりさんとケーシー高峰さんのサインも欲しかったけれど・・・

夏木マリ - 港のマリー

夏木マリ - いいじゃないの幸せならば
[PR]

by bolocyan | 2014-02-11 22:29 | picture | Comments(0)
2014年 02月 04日
赤い線の症候群 2
a0239006_2111515.jpg


a0239006_21112234.jpg


a0239006_21201412.jpg


Analogue Monsta - Time To



ほっこりとした気持ちが微笑むとその後はルンルンとした気持ちがやってくる。

僕は、ほっこりという言葉が好きなのかもしれない・・・



去年の秋にお店でばったり出会った、80年代のノースフェイスのウール製のブルゾンを

ゴソゴソとクローゼットから取り出してみる。

とくに古着が好きな訳でもないけれど来年の秋にでも着てみようかなと軽い気持ちで購入してみた真っ赤なブルゾン。

そして、赤い塗料でペイントをする予定は今のところまったくなかったが

どうしたって、ほっこりの衝動が抑えきれなくて、部屋の中をぐるりと見渡してみた。

古いロスリールが何せ地味だからコレにしようと赤い塗料が入ったビンの蓋を開ける。

それでも、まだまだほっこりな衝動は無くならずにいるものだから カメラもまたほっこりの犠牲になってもらった・・・

a0239006_2113879.jpg

[PR]

by bolocyan | 2014-02-04 22:32 | ブログ | Comments(0)