<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年 08月 26日
湿度と濡れ具合


Sarah Vaughan - Peter Gunn (Max Sedgley Remix)


ナマズさんは いずこか遠くかな?

月明かりでルアーを追う魚影を何度か見かけたけれど かなりスレているみたいでウンともスンとも・・・

僕は諦めて早々に帰宅を・・・

その日は、丑三つ時も気温が高くて風一つ無い湿った空気が体にまとわりつような感覚あって

やたらとフロントガラスにも小さな水滴が付き 手動でワイパーを動かす夜・・・

こんな夜には少し涼しくなるお話を・・・

帰り道、両脇に田んぼが並ぶ細い道に時折ひっそりと立っているLEDの信号機の赤 黄 青の光を

空気中の小さな雫が屈折させては妖艶に光っていた。 そんな、光景を見ては、僕はふと思い出したことがある。

それは、僕がまだ未成年だった頃に、少しばかり性長ホルモン過多みたいなお友達と遊んでいた頃で、

遊び場なんて狭い視野でしか選べない限られたお年頃ですから

何処に行っても友達や後輩 先輩 知り合いやらと会ってしまうので、必然的にちょっとしたサークルくらいの

人数にすぐになってしまう。

海だってその頃は良く足を運ぶフィールドだから、夏の週末ともなると、わらわらと何処かしらから

馴染みの連中が集まって来たりする。

集まったからと言って特に目的がある遊びがある訳でも無く、みんな その時に個々の遊び方を見つけるのである。

そんな僕は、ドリームビーチだったか石狩海水浴場だったかは良く覚えていないけれど、

小さな川が流れ込んでいる場所があって

その川の汽水域に毛ガニよりも ひとまわりほど小さいモズクガニみたいなのを見つけたので

そのカニを、わんさか捕獲して、後輩の服の中に入れたり、キャッチボールみたいな遊びをしてキャッキャッと

遊んでいた。

その時に 「お兄さん達、そのカニさん この子にも見せてあげて・・・」と声を掛けて来たのはグラマラスな体に

合わないような小さなピンク色のビキニを付けた美人の若奥様であって

しかも、小さな子供を抱いて僕らの前に登場した。

たぶん、薄っすらの記憶では僕らよりもひとまわりまでは無いにしろ 

その頃の未成年の日常にはあまり馴染みが無い女性で・・・

時すぐに、何処でカニさんが捕れたかのグラマラスな若奥様の質問の間に

その若奥様のお友達が色とりどりの水着でわらわらと集まってきて

気が付くとそこは、自動車の免許取り立ての少し性長ホルモン過多の集団と

体のラインが崩れていない若奥様達の集団の個人情報交換の憩いの場になっているし

足元を見ればヨチヨチの子供達が浜辺の砂で遊んでいるし。

それは、今考えるとかなりハードな地獄絵図。

もしかするとそれが若奥様達の欲求の解消の手段だとしたら、思い出すだけでゾッとするのよネ W

当時の僕は若奥様の魅力が分からなかったけれども 少し早熟したお友達はその後に

悲鳴を上げるような めくるめく官能の世界を知ったのかどうなのかは

僕は今だに誰一人に確認をしていないけれども 

そもそも集団ってところが今 思い出しても背筋も凍るんだよネ W

そんなことを信号機の赤 黄 青の光で思い出してしまった生温い風が止まった満月の夜・・・


a0239006_953074.jpg


Jazzbit - Sing Sing Sing
[PR]

by bolocyan | 2013-08-26 17:57 | 釣りのお話 | Comments(0)
2013年 08月 20日
倦怠期
a0239006_0553596.jpg



暑かですね。

こうなって来るとカラダを動かす事が人間だって、魚だって億劫になるよね。

丁度、釣りも夏休みだから、秋に備えてエトセトラ。

僕は、道具を入れるベストだとかバッグをフィールドごとに使い分けているけど

近郊の釣れない釣りでは荷物少な目なのでショルダーポーチを使用していますが

少しでも立ちこむとバッグの中身がぐしょぐしょでフライBOXやらナイロンティペットなんかは、水を吸って

すぐに劣化をしてしまって・・・

そうなると、使い勝手の良い入れ物が欲しくなるのは必然的で、あくまでも小ぶりな物を。

そして、寒冷用のジャケットが寿命のようで、それは、出来るだけ生地が厚いのがよろしくってよ。

でも、どうしたって釣りのウェアなんかはラインナップが乏しいので チョイスする楽しみあまり無いのよ。

バリッとした生地と少しの重量感が北の厳しいフィールドに挑むときに少しだけ安心感を与えてくれそうなので

パタゴニアのリバー・ソルト・ジャケットをチョイスしてみたけれど

やっぱり、長年ダラダラと外遊びを続けているからなのか、

どうしたってデザインなんかが退屈に感じてしまって・・・

ミュウミュウあたりがダブルのライダースみたいなウェーディングジャケットを作ってくれたりすると必ず

僕は着たくなっちゃうと思うけれどネ W









確かクロエ・セヴィニーさま だとは思いますが、なんかカッコよくって好きなんだよなぁ~

The Meters - Hand clapping song

よく聞いていた曲なんかが使われていたら、なんだかラッキーな気分になっちゃうのネ
[PR]

by bolocyan | 2013-08-20 22:36 | 気になるお話 | Comments(0)
2013年 08月 19日
お疲れsummer
a0239006_5301432.jpg


Depeche Mode - Personal Jesus ( Max Payne Remix the Mix)


コレくらいになるとちょっとしたマシーンなんだよね。

後ろに小さな露天風呂を造れそうなダンプみたいな輸入車に乗っている人も

小さな頃からのUSA好きはどうやら変わらないらしい。

過去にオモチャでコケた 僕の左膝は、気圧の関係だとか疲れがたまってくると

まったく作動しないことがしばしばでございますから

BBQの準備だって膝痛し、探し物は中々見つからずでお天道様の熱射攻撃で頭痛し、

せめてもの救いは毎年訪れる夏バテが

今年は軽症なくらいなもので・・・

そして、さすらいのライダーは、お墓参りのその足で午前中のススキノのバブルheavenまでツーリング。 

だけども、どうして、僕は、その彼の行動センスがたまらなく好きである W


a0239006_5332888.jpg


a0239006_5335593.jpg


Depeche Mode - Ghost ( Adrenalin Remix )

2店舗行くところがかっちょいいから2曲サービスさせて頂きます

RIP SLYME - 熱帯夜

電気グルーヴ - Shangri-La
[PR]

by bolocyan | 2013-08-19 21:26 | ブログ | Comments(0)
2013年 08月 05日
僕の節約術
a0239006_18394345.jpg



なんとなく、自分の中ではストレスがかからない程度にスペイキャストが出来るようにはなってきましたが

それでも、アンカーがすっぽ抜けて後ろの木々や岩などにせっかく作ったチューブフライが食べられる事も

しばしばでございます。

そこで僕は海釣りの仕掛けに使うチューブを代用していますが、一袋が100円とちょっとだから

非常にパフォーマンスが良いし、チューブの色をアレもコレも揃えたってワンコインかも?

僕はチューブフライを作るときには7/8のロッドに合わせて作ることが殆どだからスペイ博士に教わった

コーンヘッド(M、5mm)には、TOHOの硬質からみ止め内径0.8mmをビニールは内径1.5mmを

使っております。この手の物は、たぶん何処の釣具屋さんでも扱っていると思います。

ただ僕は、チューブフライで大きい魚を掛けたことがないので耐久性だとかは分からないけれども

たぶん大丈夫でしょう。そして、ワンコイン分でかなりの長さになるので飽きるほどチューブフライを

巻くことが出来るでしょう W

そして僕は、出来上がったチューブフライをスペイ博士が考案した、なるほどのチューブフライの入れ物に収納しております。


PS.押し入れにあった本を何気なく読み返すとカメラの先生の記事を発見したのでなんとなく嬉しくなってハイポーズ。だから、偶然は面白い w


Karen Souza - Tainted Love

Karen Souza - Every Breath You Take
[PR]

by bolocyan | 2013-08-05 20:22 | 釣りのお話 | Comments(0)
2013年 08月 02日
痒い所に手が届く
a0239006_617027.jpg


Orbital Featuring Kirk Hammett - Satan


夏真っ最中のフィールドはミツクリザメのような面構えのグイウーのパラダイスで

40cmぐらいのヤツがHITすると一瞬「ドキッ」っとするんだよね。

水面には、ノコやミヤマ、スズメにセミが沢山 浮いていて、フライが届かないくらい所で

時折、ドボンみたいのがあったりするけども 遥か向こうではないから

夜中にトップを引っ張ってきたりすると、なにか面白いことがあるかもね。

a0239006_6172914.jpg


そうそう、使っていないリールと、最寄のショップで観たシングルスペイの映像が面白そうだったので

(3M プロフェッショナル OH & D)の5番を購入してみたのよ。

それで、先週だかに、なんだ坂、こんだ坂を越えて遊びに行くと

これが実に面白くって、フォルスキャスト2回くらいでも、よく飛ぶし、もちろんスペイでも。

長いシューティングヘッド的な使用感で、とにかく楽で僕には理想的なラインで 

欲を言えば手の大きい僕は若干ランニング部分が太いほうが

ありがたやではございますが・・・

釣果と申しますと残念ながら海からの贈り物の薄紅色が少し入ったメタリックな彼らで

結局、大きなレインボーには会えなかったけれども スイングからの「ドスン」は

何度経験してもヤメラレナイですね・・・

a0239006_6174180.jpg


Orbital - Halcyon

Orbital - Wonky

Orbital - Satan
[PR]

by bolocyan | 2013-08-02 17:13 | 釣りのお話 | Comments(0)