カテゴリ:アクアなお話( 2 )

2015年 10月 02日
Cradle
a0239006_02214.jpg


新しい仲間に有茎草のロタラグリーンとロタラインディカ、魚はネオンドワーフグラミーのペアを揃えてみた。
ロタラの生命力は雑草にも負けずで、水上葉の脇芽から水中葉がつぎつぎと成長している。
水草は水上や水中へと適応するときに形や状態がかわるけれど、やはりそれらも神秘的で僕は興味をそそられる。
このぶんだと近いうちに、水草のゆりかごが出来るに違いない。

a0239006_024041.jpg


a0239006_045168.jpg


ニューラージパールグラスもスイッチが入ったのかモリモリと繁茂しているし、酸素の気泡がひっきりなしに見られるようになった。
水槽を立ち上げてから1か月が過ぎ、随分と水質も安定してきているようで、ミナミヌマエビは9匹ほど抱卵している。
まだまだ、水草が茂っていない水槽で孵化をしてしまうと、
きっと魚たちの栄養になってしまうから、
僕はスドーのサテライトスリム Mと
エアフロのスカジットコンパクト インターの600grを揃えてみた。
以前に水槽の中にセットする産卵ケースを使っていたことがあったけれど
何処を探してみても・・・笑
サテライトスリム Mは外付けのゆりかごで、金魚のブクブクで水の循環が出来るのだけど、単純な構造なだけに、僕はなんとも感心させられながら
ゆりかごを組み立てて、水槽に取り付けてみた。抱卵しているエビを新居ヘと移すと気に入ってくれたのか、いつもより頻繁に卵に新鮮な水を送る
動作を繰り返していた・・・

a0239006_035216.jpg


a0239006_05167.jpg


もし、興味を持ったアングラーがいたりすると、最初の水槽は90cm水槽がお勧めかな。60cm水槽が基本といわれているけども
水質の安定と見応えでは断然90cm水槽をチョイスしたほうが面白いですし
出来ればフレームレスがかっこいいかな。
水槽台はしっかりとしたものを用意したほうが絶対によいかと思うけど(笑)
帰宅するといつもよりフローリングの床が光っていたなんて聞いたことがあるけれど
あとかたづけが、かなりハードな様子だったからね(笑)・・・

a0239006_053078.jpg





[PR]

by bolocyan | 2015-10-02 22:36 | アクアなお話 | Comments(0)
2015年 09月 10日
バランス
a0239006_17392025.jpg


生体

水草
ニューラージパールグラス、ショートヘアーグラス、パールグラス。

魚類
ネオンテトラ、ブリリアントブラックネオンテトラ、ミナミヌマエビ、オトシンクルス。
ブリリアントブラックネオンテトラ、ミナミヌマエビ、オトシンクルスはjyuncyanとreiyonからの寄贈。

水槽を立ち上げてから、およそ1か月が経とうとしている。
残念ながら、パールグラスはすべて溶けてしまって、僕はもう一度、見よう見まねで少し考えてみる。
パールグラスはおよそ硬水が好みだろうから、フィルターに少しの牡蠣殻を入れてみる。
たぶん、弱酸性の水質がゆっくりと貝殻を溶かしてミネラル分が出てきて硬水に傾くらしい。僕は、化学式なんてのはまったく詳しくないけれど
調べてみるとやはりアルカリ性に傾くらしい・・・

僕が育てている生体は、ほとんどが弱酸性を好むものだから微妙なバランスが必要で、植物の3大栄養素であるカリウムを添加すると
さらにPhが急激に上昇してしまって、エビが★になったりしてしまう。最近知ったのだがアクア用語ではメジャーな用語らしい。
それでも、Ph測定器を見ながら少しずつカリウムを添加するのが僕の最近の日課で・・・
カリウムの量を水槽の水草の量に合わせないと水素イオン数が
跳ね上がって、水質に敏感なエビが★になってしまうことは僕の知識の無さと悲しいかな最近に知ったこと・・・
それでも、命あるところに僕は慎重にターンテーブルのミキサー操作のように100円ショップの容器に入れた炭酸カリウムを添加し続けている。
今のところ、植物も元気に少しずつ繁殖しているし、魚類にも深刻な事故は起きていない。

植物が環境に適応してくるとただただ増える一方なので、トリミングをするのだけども、トリミングされた植物達が破棄されるのは僕は
少し複雑な気分になったりもするから少し次の遊びをまた考えてみる。
水草は、水中葉から水上葉に適応するのだそうから、小さな水草盆栽にトライしてみることにした。
以前にコケ玉という集合体の観葉植物を見せてもらったことがあって、きっとそれに近いイメージだろうか。
いつものように何でも屋のyuーcocyanのお家に器というか鉢をとりに行ってきたが、今回用意されたお題はガラス製だった。
とりあえず僕はどんなものでも僕なりにちょっぴりステキに創るのがモットーだから少しだけワクワクしている。
ただ植物を上手に育てられるかは自信がないけどね・・・

a0239006_17395536.jpg


a0239006_17401578.jpg


a0239006_17402614.jpg


a0239006_17411921.jpg


a0239006_17403928.jpg







[PR]

by bolocyan | 2015-09-10 21:36 | アクアなお話 | Comments(2)