2017年 05月 15日
R.B.Meiser MKX & Red Line Club
a0239006_23123747.jpg


深みのあるパープルのギニアハックルの下から、そっと顔をだすパープルカラーのフェザントティペットが光の加減で艶やかに浮かびあがる。
僕が所有している数本のマイザーロッドの中でも今回オーダーした2017モデルロッドMKXのフェザーインレイのコントラストが
また一層、魅惑な仕上がりで思わず息を呑んでしまった。

僕がマイザーロッドを知ったのは確か「スペイ、フライフィッシング、カメラ」のどれかのキーワードで検索して
ネット上で見たのは数年前までさかのぼる。マイザーロッドを紹介していたサイトにはBGMがそっと添えてあって、
思い出してみてもBGM付きでロッドが紹介されていなかったら、きっと僕はマイザーロッドを手にしてフィードに足を運ぶことはなかったと思う(笑)
同じ遊びを続けていると興味が無くなったわけではないが長い年月の間に楽しい遊びも少し色あせていくのかもしれない。
そう僕はそんなときに、偶然また面白い遊びに出合ったような気がする。

a0239006_23131689.jpg


右から
S2H14078MKS-4
S2H13678MKX-4
S2H13078MKS-4
すべてのロッドのネーミングは「Red Line Club」(笑)

a0239006_23132745.jpg


少しマイザーロッドとの出会いを思い返してみたけれど、オーダーしたマイザーロッドはMKSの次世代のモデルのようで
手もとに届くまでワクワクとS2H13678MKX-4とのご対面を楽しみにしていた。
少しリニューアルされたロッドソックスから顔を出したニューモデルのブランクにも
しっかりとRed Line Club のネーミングが記入されていて、コスメはBobさんがお勧めするダーケンニッケルシルバーのリールシートリングを皮切りに
素敵なグリップのカラーワークと落ち着いた色のスレッドワークで、理想としている秋のシーズンのシチュエーションでゆったりキャスティングするには
グラっとしそうな絶品の仕上がりだった(笑)
さて、素敵なロッドも届いたことだし素敵な魚との出会いも期待したいのだけど、それはちょっぴり贅沢な理想かも・・・(笑)

a0239006_23133688.jpg


a0239006_23134446.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2017-05-15 20:29 | 釣り道具のお話 | Comments(0)
2017年 05月 10日
テイスト
a0239006_14464345.jpg


ロッドは、Meiser MKS 7/8 13フィート。シューティングヘッドにはマスタリーのアトランティックサーモン 7/8 460gr
ランニングラインは数年前にヤフーオークションで購入したイオの0.8mmのもので、スカジットラインでは0.9mmのラインをすでに使用している。

MKSでアンダーハンドラインといわれているシューティングヘッドで遊ぶのは今回が初めてで、キャストフィールをちょっぴり楽しんでみた。
キャスティングも、いつものスカジットやペリーポークではなくて、なにかの動画で紹介されていたクロスぎみにロッドを立ててからアンダーハンドを
意識したキャスト。少しスカジットキャストに似ているようなこのキャスティングは前回に訪れたフィールドから楽しんでいて
ロッドを回して、ラインに負荷をかけてからのシュートがちょっぴりお気に入り。
これからの初夏のシーズンで使用するウエットフライのような軽めのフライなんかではちょっぴり面白いテイストのキャスティングではないかと思っている。

a0239006_14462488.jpg


a0239006_14465520.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2017-05-10 23:03 | 釣りのお話 | Comments(0)
2017年 05月 01日
Reverse swing
a0239006_2065167.jpg


上流45度にフライをキャストし、下流側にラインをメンディングする。
するとフライは上流側で綺麗に弧を描くようにスイングする。

きっとベストシーズンでは多くのアングラーで賑わっているはずだから、上流ヘの気ままなステップダウンなんかはできないだろうと思いながら、
僕は壮大なフィールドで少し贅沢な気分で上流にむかってディープウェーディングによるステップダウンを楽しんでみる。
上流にむかって歩くことをステップダウンという表現があっているのかは僕はわからないけれども、逆流する潮の流れを水面下のウェーダーに
感じつつ容易に上流へと歩いてみる。海流のちからをかりて上流にむかってステップダウンする釣りはおそらく別寒辺牛川という
フィールドが初めてで、少し奇妙で不思議な感覚だったように思う。

シーズン終盤のフィールドで僕がティペットの先に結んだフライはサケ稚魚を意識したスタンダードなパターンというか
コンベンショナルなゾンガー。もう一度、結んだフライを上流にむけてキャストし下流側にラインをメンディングする。
満潮のピークどきにはかなりグッドサイズが遊んでくれたが今シーズンもアディオスフィッシングでスタートしたのは
いかにも僕らしくて思わずクスッとしてしまう・・・

a0239006_207553.jpg


今回のタックル :
Rod : R.B.Meiser S2H14067MKS-4
Reel :SARACIONE Mark V Salmon Reel 3-3/4
Line : Airflo Skagit Compact 540gr .Intermediate + Loop Adapted Line Tip.Intermediate
Fly : Varivas #4 Streamer Hook コンベンショナル鮭稚魚ゾンカー

a0239006_2072449.jpg


a0239006_952351.jpg


a0239006_208253.jpg


a0239006_2083116.jpg


a0239006_2084436.jpg



[PR]

# by bolocyan | 2017-05-01 21:04 | 釣りのお話