2017年 06月 24日
Deep Fishing 2017

a0239006_22125740.jpg

前日はAM3時からPM8時までロッドを振りっぱなしで一度も魚からのコンタクトはなかった。
休憩もランチタイムの30分ほどとポイント移動の時間だけだったから翌日は疲れですっかり寝坊してしまった。

寝坊した理由はそれだけではなくて、夜から降りだした雨のせいで僕は諦めの二度寝をしたのかもしれない。
時計の針は12時をさしていて、僕はTeshio riverの様子だけでもと車に乗り込んで、本流に架かった橋の上から
覗いてみる。まったく期待していなかったけれど状況はさほどわるくはなさそうで、まずはコンビニのホットコーヒーとサンドウィッチで
遅めの朝食をとる。ゆっくりとしたスタートだけど前日のHIGENAGA Nightを楽しめなかったから、やっぱりテンションも下がっていたようで(笑)・・・

a0239006_22132938.jpg

さて、気分をかえてテーマはDeep Fishingとすることにしよう。
ディープウェーディングとディープレンジをスイングするラインシステム、リールからのディープなラチェットサウンドの期待、
それとフライのチョイスもヒゲナガパターンからストリーマーヘと切り換える。
そんなおもいでタックルの準備をして、干草のなんともすがすがしい香りを感じながら僕はポイントを目指す。
水質は前日よりもほんの少し濁りが入っていたけれど、これはもしかするととワクワクしながらリールからラインを引き出した。
ディープウェーディングも足先までは見えないからブーツの裏で川底をよく確認して慎重にステップダウンをしていく。
まもなくするとディープレンジをスイングしていたラインからロッドのバットに伝わる強烈な魚からのコンタクトがあった。
僕は必死でロッドを立ててみるが次の瞬間フッと反応の消えてしまって、急に魚とのやりとりが終わると僕はバランスを崩して
ひっくり返るところだった。本流の魚からのコンタクトはなかなかあるものじゃないから、がっくりと肩をおとしてフックアウトの原因を
確認するとティペットがぶっつりと切れていた。ちなみに6枚目の写真が使用したフライ。
どちらかというと、まめにラインチェックをするほうだから、ほんとうにガックリ(笑)・・・

PS・皆さんDeep Fishing 2017を楽しんでいますか?(笑)

a0239006_22131575.jpg

Tackle

Rod : R.B.Meiser S2H14078MKS-4
Reel :SpeyCo Skagit
Line : Airflo Skagit Compact 600gr Floating + Rio Level line T-14


a0239006_22140744.jpg
67.97
a0239006_22135316.jpg
a0239006_22134134.jpg
a0239006_22141594.jpg







[PR]

by bolocyan | 2017-06-24 21:54 | 釣りのお話 | Comments(6)
Commented by mooly at 2017-06-26 12:30
bolocyanさん、はじめまして
以前からブログは拝見していましたので、私個人的には はじめまして感は薄いのですが。
Yunblogのコメントから推測ですが、もし、私のブログをリンクしたいと思いであれば、問題ないのでどうぞ。
こんなブログでよろしければ、煮るなり焼くなりどうぞご自由にしてください。笑
先週はいい出会いがあったようでなによりです。
なかなかお会いするタイミングは難しいのかもしれませんが、
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2017-06-26 19:16
bolocyanさんこんばんは、初めまして。
先日は、お疲れ様でした。
そして素晴らしいレインボー、おめでとうございます!
長時間に亘る情熱と忍耐がもたらした結果ですね。
フムフム・・・・かなり沈みそうなフライですね。
僕はルアーですが、いつもよりかなり重めのスプーンでトライしましたが、2日間(とはいっても合計6時間程度ですが)全くのノーバイトに終わりました。
いつかフィールドでお会い出来る事を楽しみにしています。
Commented at 2017-06-27 21:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bolocyan at 2017-06-28 20:16
moolyさん、こんばんは。はじめましてよろしくお願いいたします。
推測どうり僕です(笑)リンクの件ありがとうございます。
以前よりyunさんやテムズのオーナーからお名前を伺っていましたので
ネット上ですが、こちらからの挨拶とさせていただきます。
先週はyunさんにmoolyさんのDJ博士ポイントの攻略を教わり
参考にさせていただいた結果、素敵な出合いとなりました。
ありがとうございました。
フィールドでお会いした際は、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by bolocyan at 2017-06-28 20:44
abu-z4さんこんばんは。どうぞよろしくお願いいたします。
先日は、お会いできなくてとても残念です。
次回フィールドでお会いした際はどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます、メモリアルな魚との出合いになりました。
今回は僕もabuさんと同様に底狙いでしたが、きっとたまたまのような気がします(笑)。
僕にとって天塩もなかなか難しい本流なもので。
話は変わりますがabuさんが釣ったスチールすごいですね。
Commented by bolocyan at 2017-06-28 21:04
KAZUYAさん、こんばんは。お久しぶりです。
昨年も天塩に来られましたか。今年はKAZUYAさんにも
素敵な出合いがあればいいですね。
フライの件ありがとうございます。
不器用なタイイングですが、最近はフライ用のマテリアルだけではなくて
使えそうなものも取り入れて遊んでいます。
今回は海釣り用のワイヤーとクリスマスツリーの飾りつけに使っていたビーズの
イントルーダー風味のフライで遊んでみました。


<< 宝石のような7月のレインボー      ヒゲナガが舞う一日 >>