2016年 10月 14日
dancing
a0239006_21334934.jpg


ご機嫌なラチェット音が対岸からこだまして聴こえてくるので
初めて手にするリールからいつもよりラインを引き出したりハンドルを回したりをして
魚釣りそっちのけでタックルで遊んでみる。
タックルは魚と遊ぶツールにすぎないのだけど、久しぶりにタックルの余韻にひたってみることにする。
魚に会うためのウェーディングによるステップダウンだけれども今回はカリカリジジジ~と
やっぱりリールと遊びながらアップテンポなウェーディングをしてしまう。
魚もかかっていないのにリールを鳴らして、うっとりしてしまうなんて
やっぱり、へんてこりんなアングラーなんだなぁ~と僕自身恥ずかしくなってしまうけど
ついつい、とても嬉しかったりしてね(笑)。

a0239006_213412100.jpg


そんな僕は魚がかかったわけでもないのに、なんだか満足な気持ちになってロッドをおいて
プカリと余裕な休憩をしてみる。
ドボンという音とと同時に彼女の華麗なステップが僕がいる少し上流で披露されると、それよりもっと上流で
必死な形相で美人な彼女とのダンスについていこうとしているアングラーが僕の目に留まった。
僕は咥えタバコをしながらランディングネットを用意したりするけど、僕が遊んでもらったわけでは
ないので上流にいたアングラーほどの興奮はもちろん無かったわけで(笑)・・・
興奮がやまないアングラーの話をランチタイムも引き続き聞かなくてはならないし
僕が思いを込めて作ったフライにも魚からのコンタクトはもちろんないし・・・
ただ、ジルバだかチャチャチャだかワルツだか僕はダンスのことはまったく詳しくないけれど
ワサワサと器用に脚を動かして華麗なステップで僕のフライをしっかりとホールドして水中から現れたのは
Lサイズのモクズガニ(笑)

帰りの車内で、いつかS字ハンドルのリールを使うときがきたら、是非モクズガニの釣りかたを
教えてくださいねと、からかわれても僕自身初めてのことだったからね(笑)・・・

9.27→9.40

a0239006_21343953.jpg


a0239006_21345063.jpg


a0239006_21352055.jpg



[PR]

by bolocyan | 2016-10-14 23:19 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< リクエストの第1から第3セクション      DJ博士ポイント >>