2016年 10月 01日
DJ博士ポイント
a0239006_13532037.jpg


日の出、日の入りのフィッシングは釣りというか少しスポーツに近いような感覚があった。
どれくらいのキャスティング、ウェーデイングでクタクタになったTeshio riverでの遊び。
きっとオリピック選手のようなアスリートでもクタクタになってしまいそうなスポーツフィッシングもたまには面白いのかもしれない(笑)。
ウェーダーを脱ぐのも座りながらじゃないとままならないけれど、明日には是非、魚からのコンタクトがほしいと、
僕はDJ博士に連絡をとってみる。

a0239006_13552966.jpg


a0239006_13535945.jpg



釣行の前日にもアドバイスを頂くが、どうもリズムが合わなくて、どうしたものでしょうねと、もう一度アドバイスを仰ぐ。
やっぱり一押しのポイント、フライチョイスをとおっしゃていたのだから、僕は翌日も日の出、日の入りフィッシングを楽しんでみた。
早朝の大きな魚のフックアウト、岩盤で形成されているポイントでのMサイズのアディオス、帰りがけにもう一度よってみたDJ博士ポイントでの2回のテイクとと
コンタクトは多かったものの僕は魚の顔を見ることはできなかった(笑)。
単独での初めての本流だけど、DJ博士ポイントのおかげで、とっても楽しかったから、そこのポイントは僕のなかでは
DJ博士ポイントと呼ぶことにしようと思う(笑)
そんな僕は遠いフィールドから帰るときも、久しぶりのエキサイティングな遊びで
足取りも意外と軽かったかもしれない・・・

a0239006_13534611.jpg


a0239006_13555763.jpg


a0239006_1354169.jpg


a0239006_13545445.jpg


68.00

PS 市街地のポイントでヒグマの足跡と忘れ物を見かけたのでマズメどきは、とくに注意して楽しいスポーツを・・・(笑)


[PR]

by bolocyan | 2016-10-01 22:07 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< dancing      シーズン後半のグッズチョイスと... >>