2016年 09月 09日
アングラーのタマゴとMサイズのレインボー
a0239006_23303966.jpg


a0239006_23345413.jpg


僕は最初に入ったポイントのランを終え、先に車まで戻る。
すると年配のアングラーが釣りの準備をしているところだった。
挨拶を交わし、フィールドの状況など情報交換をする。
しばらくすると、大きな声で僕の名を呼び、藪のほうからロッドだけが見えているご様子。
せっかくの獣道があるのにもかかわらず、ごくろうさまの藪こぎをしている(笑)
しかも、どうにか土手までたどり着いたらしいけども、僕たちの目の前まで上ってくると
足を滑らして2回も転がっていく(笑)。
これには、僕も年配のアングラーも声を出して笑ってしまう。
僕なんかは、お腹を抱えて笑ってしまったよ。

ただ、それだけでは終わらず、なにやらウエーディングの最中に、これまた足を滑らして
ずぶ濡れのご様子。田んぼの脇で素っ裸になって着替えをしていたけれど
年配のアングラーが彼に本流の洗礼だよとやさしく声をかけて慰めても僕たちは皆、笑いっぱなしだった。

a0239006_23312631.jpg


a0239006_23333145.jpg


ちょっぴり先輩アングラーの僕はというと、40センチほどのMサイズの魚に遊んでもらって
少しだけお手本になれたかな?(笑)。
そうそう先輩アングラーの方々、フィールドでお会いしたさいは次世代のアングラーに
優しく色々な楽しいことを教えてやって下さいね。よろしくお願いいたします。

そんな釣行だったけれど、初めて使用した、Meiserロッド S2H13078MKS-4は、エアフロのスカジットコンパクト540gr
とのキャストフィールもバッチリだったと思う。
7/8番で13フィートという長さと、それに重さのロッドは、とても僕には快適な使用感で、きっとメインロッドなると思う。今のところね(笑)。
これなら、3 3/4インチのリールとのコンビネーションは
抜群に似合ってしまうよと僕は今からウキウキしている・・・


a0239006_2331262.jpg


a0239006_23304868.jpg


a0239006_2336674.jpg


9.57




[PR]

by bolocyan | 2016-09-09 21:19 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 豊穣のシーズン      R.B. Meiser Rod... >>