2016年 07月 16日
ARRANGE
a0239006_22464662.jpg


Moriさんオリジナルのエルクヘアウエットが、かっこいいサウンドの
BGM付きで紹介されていたので僕も少しアレンジを加えて巻いてみることにする。
僕はスペイを始めてから水面直下の釣りを意識してもラインの種類と
フライの流しかたを重要視していて、てっきりフライそのものの特性を考えることを忘れていたけれど
確かにそんな遊びかたもあったなと
浮かせても沈ませても万能なマドラーミノーなんてのを思い出した。今となってはマドラーミノーを巻くのも
億劫になってしまったけれど、エルクヘアウエットとなると僕はタイイングしてみたくなった(笑)・・・

PS・フロータントを塗るか塗らないかで微妙なレンジとフライそのもののスイングのしかたが変わったりしてね
でもそれは魚に聞いてみないとね(笑)


[PR]

by bolocyan | 2016-07-16 21:41 | タイイングのお話 | Comments(0)


<< R.B. Meiser Rod...      Custom Spey Fis... >>