2015年 04月 19日
マッディーカラーのオイスターカレント
a0239006_3343414.jpg


うねるような雲と冷たい雨、上流からの強風。初めてのフィールドは僕に手荒な歓迎をしてくれる。
ぬかるんだ湿地帯を進むと、そこにはすでに魚からのコンタクトを待ち続ける多くのアングラー達がずらりと視界に入ってきた。
そんな風景を目にしながら、さて初めて訪れるフィールドではどんなラインシステムが理想なのかと最初に選んだのは、 HARDY Sovereignに巻いてある
エアフロのフローテイングのスカジットコンパクトにタイプ4の組み合わせ。
およそ僕の理想とした光景は大きな魚がなんどもボイルを繰り返す状況で、魚は上層付近にたまっているという目論見から。

a0239006_3345068.jpg


a0239006_3355616.jpg


潮位が関係するいわば汽水域のフィールドで僕は時計を見ては、強風に煽られながらとても優雅とはいえないコーヒーブレイクをはさみ、じっくりとフィールド観察をしてみる。
どうしても海面の潮汐が影響されるフィールドでは水位の値をシビアに考えてしまうし、黙々とロッドを振ってみても
今まで良い経験はあまりない。
時折、暇つぶし程度にキャスティングの練習もしたりと刻々とせまるゴールデンタイムまで準備運動もしておく。
およそ4ヶ月ぶりのキャスティングは強風も手伝ってそれはもう・・・

a0239006_3352822.jpg


a0239006_335101.jpg


どんより沈んだ水面が少しづつ動き出すとともにパラパラとあちらのロッドが曲がり始める。
それから随分と時間がたっても僕のロッドには魚からのコンタクトはまったく無い。
なんとなくフライを流すシンクレートが噛み合っていないのかと少し流し方を変えてみる。
僕のイメージだとするとエサ釣りの脈釣り近いのかもしれない。ラインの動きをみて、微妙な聞きアワセなどなど。
本当はラインシステムを変えれば解決すると思うのだけど、少しは自分の思いを試たくてついついの選択をしてしまう。
そんな思いが通じたのか、ようやく僕のロッドにも久しぶりの感触が伝わる。それからは、HARDY Marquis Salmon No.1
巻かれたインタミのスカジットコンパクトにタイプ4に交換して、今回はこのシステムが
しっくりくるようで、欲を出してタイプ6も試したけれどこれはまったく。
ラインシステムで久々にぐったりとするほど迷った釣行だけれども、グッと引き締まった重量感あるボトルのようなボディーラインを見ると
そんな、疲労感も徐々に消えていったように思う。
今シーズン幕開けとなった僕の少しハードな釣行はちょっぴり嬉しい筋肉痛とともに北海道のずっと東のフィールドから静かに始まったのだった。

a0239006_1443531.jpg


Electric Wizard - Electric Wizard
[PR]

by bolocyan | 2015-04-19 22:36 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< あなたの夏休みと初夏のトマト      バイエルとたまごを持つ手 >>