2014年 10月 31日
Fakie Cast (Switch Cast)
a0239006_712080.jpg


くたびれたフリースのグローブをリュックに入れるたびに今シーズンこそは
新しいものに買い替えようといつも思うのだけれど・・・

早朝のキーンとこめかみが痛くなりそうな冷え込みの中で準備をする。この時期になると薄手のダウンも僕には欠かせない。
そして冷え込みを予想して用意していたZUCCaの薄手のニットを被ることにする。アウトドアやフィッシングブランドのウエアも
カッコイイとは思うけれど、季節は秋深まっているのだからウエアチョイスにも少し遊び心が欲しくてね(笑)
ゴワッとして少し窮屈に感じられるウエアを着込むと、いよいよ北海道らしい釣りが始まるようなそんな思いで僕はワクワクしながらポイントを目指す。

a0239006_750256.jpg


a0239006_713340.jpg


太陽がゆっくりと上昇し辺りが完全に明るくなる時間帯になると急に上流からの強風が吹きつけるようになる。
下流から上流に向かって右岸側に立つとすると僕は右利きだからフライをキャストした場合アンカーが風によって右半身ギリギリをかすめていく。
何度もフライが背中を叩くようになり、酷いときにはパチッと音が鳴るくらいの勢いで首や頭にティペットが巻きついたりするものだから
フックが顔周辺のどこかに刺さっていないかとハラハラしっぱなし。
こんな状況のときは下流側にアンカーを落として、クロスフォームでキャストをすればよいと思うのだが、なかなか僕には難しくてね。余計な力の入り方なんだろうけども
フライはまったく飛ばないし、ボールを投げる女の子なみの違和感満点の何とも言えないようなフォームになってしまう。
いつも少しだけ練習しているのだけどちっとも上達しないのだから毎回すぐにあきてしまって。
スノーボードをやっていたときもそうだった。通常の逆側で滑る場合にはスイッチだとかフェイキーだとか言われるが1シーズンほど、みっちりと練習したことを思い出す。
スノーボードの場合は自分なりに上達を感じられたからなんとか克服は出来たつもりだけど・・・
スペイキャストにいたってはスイッチ、フェイキーキャストと言うのかは分からないけれど、もしかするとクロスキャストと言うほうがしっくりするのかもしれない。今回は必ず習得したいと思うそんなコンディションだった。

a0239006_714212.jpg


a0239006_755144.jpg


午前中は魚からのコンタクトはまったく無かったように思う。
本当ならフライを変えてねばるのだろうけど、僕はまったくといっていいほど結んでいるフライは変えない。それは自分が望んでいる理想の釣りがしたい、ただそれだけの理由かもしれない。
今回も、根掛かりをしてフライをロストしたとき以外は新しいフライを結ぶことはしなかった。きっと前日の天気予報で全道的に初雪を観測するとのことだったから
なるほどなと僕は遠い山々を眺めてみる。天気予報どおりに薄っすらと山肌が雪化粧をしている。
ウェーダー越しから感じられる水温は前日と、さほど変わらないような体感温度だったけれど、きっと水温は急激に下がっていたのかもしれない。
午後になって少しは寒さが緩んだように思えるが、あまり期待はしない。札幌までの帰路を考えると、もうロッドをたたむのも悪くないと思い
最後のポイントで数回だけフライを流してみる。小ぶりな魚が顔を見せてくれたのはすでに西日が眩しいころだった。
あどけない小さな魚体の模様は西日に照らされてなんとも綺麗な色彩でカラフルなフライも一緒にファインダーに収まると寒さでこわばっていた僕の表情もついつい緩んだように思える。

a0239006_7214.jpg


Tord Gustavsen Trio - Token Of Tango

Tord Gustavsen Trio - Deep As Love




[PR]

by bolocyan | 2014-10-31 22:09 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 験担ぎ      カッパの川流れ >>