2014年 07月 12日
陽気なトロピカルSOUND
a0239006_12483847.jpg



オホーツク海に流れ込む本流と、この時期らしいカラッとした北海道の風と青い空。

僕が理想とするシチュエーションがそろったのだから、迷わずに僕は南国風味柄 満載のアロハシャツに袖を通す。

そして、アロハの柄を少し分けたようなウエットフライをフロロ2.0号の先結んで僕は鼻歌まじりでウェーディングを始める。

僕は、なんといってもこの時期のウエットフライで遊ぶスイングの釣りが一番好きかもしれない。

それは、ライトタックルで遊べるし、グローブもいらない、ネオプレーン製のタフなウェーダーだっていらない、とにかく軽装で遊べて開放感があるというか。

日中だってラインシステムを変えれば遊んでくれると思うから早起きなんてのもいらない。

a0239006_12491624.jpg


a0239006_12511624.jpg


なんとも心地よい本流の流れに身を任せて僕はユラユラとステップダウンをしてゆく。

どれくらい本流の流れに流されたのかは覚えていないけれど、まもなくすると大きなウグイ達に紛れて

十分楽しませてくれたレインボーが僕の記憶にしっかりと納まった。


ロッド. TFO TF 5/6 126 4  ライン.Rio Steelhead Scandi 385gr   リーダー.フロロリーダーorエアフロ ポリリーダ スローシンキング

a0239006_1482685.jpg


a0239006_12513642.jpg


イブニングにはモンカゲロウ達がパーティーを開いてくれるものだから僕はパーティードレスに着替えて

花束代わりにTMC100の8番フックで巻いたパステルイエローカラーのモンカゲパターンをいくつか用意をして出席することにする。

やはりこの時期のパーティーがなによりも好きかもしれない・・・

a0239006_12515921.jpg


a0239006_12522189.jpg


a0239006_12523452.jpg


Annette Funicello - Pineapple Princess

Annette Funicello - California Sun

Annette Funicello - The Monkey's Uncle
[PR]

by bolocyan | 2014-07-12 21:55 | 釣りのお話 | Comments(2)
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-15 22:25
bolocyanさん、こんばんは。
アロハシャツにこのビートとメロディ、のんびりと十勝川の流れをステップダウンするにはいいかもしれませんね(笑)。
きっとご機嫌なレインボー達がbolocyanさんの流すフライを見つけてくれたんじゃないですか。
Commented by bolocyan at 2014-07-16 22:03
yunさんこんばんは
機会があれば僕もアロハシャツを着ながらのんびりと十勝川をステップダウンしてみたいものです。
今回の記事は湧別川を訪れたときのもので
まだ、十勝の記事は書けていません。
なかなかリアルタイムで更新するのは大変ですね。
それでも最近はテーマを決めて釣りをするのが楽しみなんですよ。
それではまた・・・


<< Rookie      証明写真 >>