2014年 05月 29日
急がば回れ・・・
a0239006_1473086.jpg


a0239006_1474845.jpg


a0239006_148120.jpg



一度だけ、くっきりはっきりとした大きなブラウントラウトが

僕のフライの横でお辞儀をするように現れて 、また、消えてゆく・・・

ベストシーズンを迎えたフィールドでも、きっと僕には容赦しない。

あきてしまった僕は車のダッシュボードに入れっぱなしのチケットを思い出してフィールドをあとにした。

よく晴れた空青の日。

僕は芸術だとかは、まったく疎いしあまり興味がないので、美術館に行ったのは何年ぶりだろうか。

たとえばカメラが趣味になってからも、写真展だとかもまったく行ったことがないし、やはり興味がない。

だからもちろん写真家だとかもまったく詳しくないし、加納典明さんとアラーキーさんと篠山紀信さんくらいかな。

くっきりはっきりとした写真はとても魅力的で僕は案外ファンになったのかもしれない。

いつの日かすれ違った人に「キミはカメラをやっているとか写真が趣味だとかは口に出して言わないほうがいいよ」と言われた事がずっと僕の心に引っかかっていて、

たぶん芸術家に近いような人だったから、いまだに僕は謎解きができないけども、それにしても釣れないネ・・・



TMVG - How To Scratch Part.1&2

Rocketman - さんばじゃない?

Konishi Yasuharu - ビートの達人




[PR]

by bolocyan | 2014-05-29 19:17 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< タンパク質とカルシウム      GROOVYでJAZZYなLa... >>