2014年 04月 17日
動かない彼方
a0239006_21562455.jpg


a0239006_21543716.jpg


Hardy Sovereign  9/10にバッキングラインを巻く。

どれくらい巻いたならば、しっくりとくる感じのバランスのとれた巻き具合になるのかと3回ほどやり直してみた・・・

右側から吹く風はシュートのときにはいささか迷惑な存在であって、そのタイミングあったとしたら僕の顔のすぐ横をフライがギリギリの運動でかすめていく。

そんな、フィールドのグレーの空はどこか無機質で退屈する僕は何気なくその空を眺めながら、秋ごろに考えているチープな遊びのイメージをそっとなぞってみる。

それは、何かに影響されるところでは、まったく思いつかないから、無機質のような空間が僕にはとても都合が良い。

どうしても僕にはどんなことでも少しだけの創る的なことが最大の遊びであってどうしてもやめられないし、とても魅力的に思えてしまうから、決まりごとは今はあまり興味がないし、まったく興味がない・・

魚体がオレンジ色というか少しくすんだゴールドに見える小さな魚が重いフライラインを少しだけ動かしてくれたけれども、どうカッコよく仕上げてみようともとても難しいから、だから僕はまた繰り返すのかもしれない・・・


Gotan Project - Celos

Gotan Project - Domingo

Gotan Project - Sola
[PR]

by bolocyan | 2014-04-17 20:36 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< My Tackle      Lime juice >>