2013年 11月 29日
考えるポーズ
a0239006_1813785.jpg



Nicolas Jaar - Encore

Nicolas Jaar - Space Is Only Noise If You Can See

Nicolas Jaar - And I Say



6番のWFのフローティングの先に確かティムコから出ていた鉛みたいのをすり込んでいるブレイデッドリーダー

そこに、3号のフロロのティペットを50cmぐらい そして、ヨリモドシを付けてフロロの2号ぐらいのティペットをまた30cmほど足す。

場合によっては、ガン玉を1.2個を付けたりもする。

まだ、ダブルホールも出来なかった頃、遊びに行ってはリーダーやティペットを散々無駄にしてしまい

経済的に なにか良い方法はと当時たどり着いたシステム。

ヨリモドシを付けることによってティペットを分けられるから根掛りしても2号のティペットに傷が付く程度で

リーダーが絡まってみてもブレイデッドのおかげで大事にはいたらずで、それでいて

大きな鱒にも相手にしてもらえたならば 若葉マークの僕は少し自分を褒めたくなるそんなシステムだった。

もしかするとこんなシステムは実はかなり前からあったのかもしれないけれどネ。

家にある小さなロダンの考える人のブロンズ像はいまだにラインシステムで悩んでいるようだったが

案外僕もラインシステムは永遠のテーマでありますから やっぱりポーズをとってじっくりと悩んでみる。

僕は、ほんの少し解決をして、エアフロのスカジットコンパクト インタミの540grを三輪さんのヨイトマケの唄を

歌いながらリールにゆっくりと巻いてみるが 考える人の像は僕の歌を迷惑そうに、やはりラインシステムを

まだまだ考えている御様子です・・・








[PR]

by bolocyan | 2013-11-29 18:29 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< スカジットラインで小澤征爾にな...      穴のあいた靴下とChristm... >>