2013年 10月 15日
秋の口笛
a0239006_538496.jpg


Rosalia De Souza - Luiza Manequim



あなたのことが好きなのに 私にまるで興味ない
何度目かの失恋の準備 Yeah! Yeah! Yeah!

まわりを見れば大勢の 可愛い子たちがいるんだもん
地味な花は気づいてくれない Yeah! Yeah! Yeah!~


僕は広い青空の下でAKBの恋するフォーチュンクッキーを八代亜紀さんバリのコブシを回して

やや大きめの声で歌いながら釣り上がってみた。

十勝の空が僕の背中を押してくれるものだから軽快に川歩きをするのだが

開始2時間くらいたったときにウェーディングシューズのフェルト部分がパッと浮き上がったと思ったら

サーっと流れて行くではありませんか。僕は、一気に憂鬱な気分の恋するフォーチュンクッキーで・・・

もう歩くこともままならないのだから戻ろうとしたって、滑るの滑るの

おまけに今回はカメラを持っての釣行で、冷や汗が出る場面も何度かあったり。

どうにかこうにか車まで戻れた僕は、帯広のショップに電話をかけてシューズの在庫を確認するが

僕は手足が大きいほうだから、サイズがあった時にはホッとしたよ。

それにしてもウェーディングシューズは地味路線が相変わらずで赤や青がないのはどうしてだろう。

スープラあたりが作ってくれれば僕はうれしいけどね。

とりあえず、シューズを補充することが出来たけれども最初の川に戻るのがどうしても億劫になってしまったし、時間も随分過ぎてしまったから

以前に訪れたことのある川に入ることにする。



a0239006_8172358.jpg


a0239006_614516.jpg


a0239006_6302533.jpg


もう10月だと言うのに4番のフックで巻いたドライフライで遊んでくれるから、

いかにも大物が潜んで居そうなポイントでもフライを沈めることはしなかった。

そして、2回くらい流した後は空模様を楽しみながら新しいシューズでジャバジャバと歩いてポイントを転々とする。

夕方に近づくとライズが始まるから僕はくわえタバコをしながらパタパタと音が聞こえそうなくらい一生懸命 

飛んでいるコカゲロウ達に囲まれてキャストを繰り返す。

好きな場所で好きなことを同時に行って、実に至福のときである。

帰りがけにはドラグを鳴らしてくれる魚とも遊べたし、ハプニングはあったにせよ満足で早々に予約を入れていた

宿まで車を走らせる。

翌日は誰も居ないキャンプ場にテントを張って、一通り川で遊んで、朝からずっと楽しみにしていた

ホルモンパーティー・・・

クタクタになって川から上がって、さぁ~火を起こそうなんてキャンプ用のプラスチックのBOXを

開けてみても、わずかな着火材と浮き輪の空気入れなんかに使うシュッシュッと音のなるポンプのみ。

お腹はペコリーナだし面倒だからどこかのお店に行こうかなとチラッと考えてみたが、なにせ朝から楽しみにしていたから諦めはご無用。

火を起こすのに少し時間がかかってしまったが、お腹が満たされた僕は温かいお茶割りをグイッとやって

満点の星を眺めながら 恋するフォーチュンクッキーを口笛で吹いてみた・・・



Rosalia De Souza - D'improvviso

a0239006_629513.jpg


a0239006_630481.jpg


a0239006_6173024.jpg


a0239006_615686.jpg










Led Zeppelin - For Your Life
[PR]

by bolocyan | 2013-10-15 18:38 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< このへんばい!      面影 >>