2013年 05月 22日
新しい香り
a0239006_5355024.jpg


Them - Baby Please Don't Go

雨で濡れたアスファルトと少しだけ温い気温が深い霧をつくっていた。

そして、胸いっぱい呼吸をしてみると 新緑の香りが小さな水滴と相まって それが鼻腔を抜けてダイレクトに

脳に届く・・・

やはり、この時期の新しい香りは実に清々しくて、すこぶる気分が良い。

a0239006_5365953.jpg


幾分か小さく創ったフライを乗せて、3Mのアトランティックサーモン を使ってのシュートの連続。

少し前に、このラインがスカンジナビアンスタイルであることを知ったものだから

そればかりを練習してみて、たまにスネーク・・「めざせ、スカンジナビアン君」でございまする。

そして、それは、ループの曲がり角が気になるお年頃・・・

偶然の確率でラインが気持ちよく飛ぶことがあっても、その正解は今だに はっきりとは分からないし

「あっ これ 飛ぶ」と思ったときには必ず飛ぶし・・

ただ、ラインのヨレをまめにとって、自分の想像よりも小さなフライを乗せることを意識するとその確率も

大幅に上がってきたような気もするし。

水の形がコロコロと変わる日で、どうしてもラインバスケットが必要になってきた僕は、車に戻るついでに

ポイントも変えてみるが、ヌルッとしたのが数尾で、あとは握力が残っているうちに帰宅することに・・


Jethro Tull - A Song for Jeffrey
a0239006_5374222.jpg

[PR]

by bolocyan | 2013-05-22 15:56 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< ファイザー      淡い色のセレナーデ >>