2013年 03月 30日
2章
シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
a0239006_943954.jpg



Brad Melhdau - Secret Love

気がつけば、あんなに雪で覆われていたアスファルトも顔を出し 随分と運転も しやすくなったものだと

そう思いながら その日も 少し穏やかになった山間の道を走り抜け

そして、冬の冷たい空気から脱皮したかのような本格的な春風を感じながら

僕は水辺にそっと立つ・・・ 

時折 凪を見せる 素っ気無い いつも通りの湖の底には 誰かが忘れていったキラキラと歌っている

ルアーがところどころに落ちていて、

退屈になった僕は 宝物探しかのようにそれらを見つけたり数えたりをして 

いつ来るのか分からない魚達からのコンタクトをずっと待ち続ける。

それでも なにか清々しい気持ちになったのは 

やはり、柔らかい春の匂いがしたからに違いないと ふと感じてしまう時間の出来事・・・
[PR]

by bolocyan | 2013-03-30 22:22 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 欲求      お日様三角また来て四角 >>