2013年 02月 01日
ミドリさん



Astrud Gilberto - Let's Go

どちらルートで行こうかの選択で、「この時間のラーメンは危険です」の友人の忠告を無視して

お腹が空いているわけじゃないけれど、験担ぎで札幌最終であろう

ラーメン屋さんに向かったのは確か日付が変わった頃だったと思う。

そして、ホクホクと満たされた体で出発したワケだが、峠にさしかかった頃から

満腹と言う地獄から睡魔と言う悪魔がやって来て

車のオーディオから軽快に流れるBossaの音符達さえも、呪文のように

僕を誘惑する。

そんな格闘も峠を下ったあたりから徐々に和らぎ、目的地まで また、のんびり

ドライブをすることとなるが、 思いのほか目的地に早く着いてしまい

余る時間とその流れる音楽のテンポが手伝って、せっかく来たのだからと アクセル踏み続け

そのまま海岸線を南下することに・・・

a0239006_21474694.jpg


久しぶりに着いた有名ポイントの駐車場は平日にもかかわらず、思ったよりも

車が止まっていて、ホッとした僕は まだ早い日本海の空の下で、少し仮眠をとろおと瞼を閉じるが

他の釣り人の準備の音や 少しの興奮で寝付けなくなり、 結局 寝起きの悪い お日様とともに

僕もゆっくり海に向かう・・・・・・

そして、「久しぶりだね ミドリさん・・」


シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
[PR]

by bolocyan | 2013-02-01 23:39 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 鉛色の記憶      不思議 >>