2012年 07月 20日
passion
a0239006_20123676.jpg


たしか、この辺にあったような・・・

フライを覚えた頃、何度か行ったことがある専門店で、なんとなく寄ってみる

すると、偶然に師匠とバッタリ

「あら、お友達?」と女性店主

「コレコレ、このような訳でお世話になっております」

少し、カメラ談議をしたあと、師匠は帰られ

それから「学生の頃、道東に住んでいて~何々川まで歩いていける所にアパートを借りて・・」と

店主とお話

釣り好きは縦なり、横なり繋がるものだから

当時、お世話になった方や一緒に釣りをした人の名前が次々と出てきて 話に花が咲く

道東はどこでもトラウトの聖地であり、やはり僕の居た所もそんなところで

著名な人と出会う事も珍しくない環境で・・朝は川 夕は水止め そんな贅沢な釣りを

毎日のように、しかも数年・・・

ただ、、そんな環境の中でロッドを振っていたものだから、飽きたわけでもないのだが

ココ数年、情熱的な釣りが出来ないし、フィールドからも遠ざかる

良い環境でやりすぎると、そのようなスランプになると店主は言う

確かに、なんとなく僕も納得ができる

また情熱が戻るよう釣れない湖でひたすらビッグワンを追いかけますか?と

自分を説得し

よき日々を 思い出しながら、お店を後にした そんなある日・・


Glenn Miller - Otchi Tchor Ni Ya
[PR]

by bolocyan | 2012-07-20 21:55 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 淡いひととき      気分がよろしい >>