2012年 06月 29日
ギラギラ太陽の日 2
夜中の1時過ぎに目が覚めて、二日酔いで頭痛いし、嘘みたいに寒いし、

寝袋から出たくないし、二度寝できないし・・・

それでも、タイツ、フリース上下、ウールの靴下、ダウンを着、

その上にウェーディングジャケットを羽織って

「寒いなぁ~、どうせ釣れないし、帰りたいなぁ~」なんて言葉が頭の中で次から次と出てきて・・

カップにインスタントコーヒーとお湯を入れ一服する

豆を挽いて、それをドリップして・・なんて そんな優雅な気分にはとてもなれない

この日も雲ひとつなく無風  短時間勝負である

そして、暗いのだが少しだけ空の色が変わったときをみて出動

すぐに40ぐらいのブラウンが釣れてくれて「鼻の曲がったひとを連れてきて」っと

リリースし、30分後にはアキて、カメラを触りだす・・・

a0239006_7472057.jpg


a0239006_7473885.jpg


a0239006_7482343.jpg


a0239006_748040.jpg



Joni Mitchel - Both sides now
[PR]

by bolocyan | 2012-06-29 22:27 | 釣りのお話 | Comments(0)


<< 蛍雪の功      ギラギラ太陽の日 >>